事件事故から学ぶ

佐々本薫 顔画像は公表されているか?未成年者と知りながらより軽い知的障害をあることを知っていたのならば「この事件は残酷だよぉ」

投稿日:

Pocket

【残酷だな】

この事件は誘拐事件であることはあなたもご存知かと、そしてその犯人の佐々本薫容疑者の顔画像は公表されているか?を気になる方にはその画像は現段階では公表されておりません、しかし未成年者と知りながらより軽い知的障害をあることを知っていたのならば「この事件は残酷だよぉ」が気になった、あなたはこのままこの記事を読み進めてください。

本日も最後までお付き愛ください


スポンサーリンク





信頼できるニュースソースから事件の詳細をふりかえります

島根県警浜田署は4日、昨年7月に当時19歳だった同県浜田市の女性(20)を連れて自室で寝泊まりさせていたとして、同市原町の無職、佐々本薫容疑者(72)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。女性は昨年9月から県警が行方を捜して公開捜査。今月3日夕、女性宅から近い佐々本容疑者のアパートで、署員が無事に保護した。佐々本容疑者は「誘拐したつもりはない」と否認している。

3日午後6時過ぎ、「女性の泣き声がする」と佐々本容疑者のアパート近くの住民から署に連絡があり、駆け付けた署員が「中を確認させてほしい」と言うと佐々本容疑者は素直に応じ、居間で女性が泣いていた。女性にけがはなく監禁の形跡も確認されていない。

逮捕容疑は、昨年7月中旬ごろ、浜田市内で女性が未成年者と知りながら自室に連れて行き、寝泊まりさせたとしている。

女性は軽度の知的障害があり、昨年7月14日、近所で夏祭りの練習をした後に帰宅せず、同22日、近所の寺で偶然会った弟が声をかけたが、答えず立ち去った。家族が9月1日に行方不明届を出し、県警が同14日から公開捜査していた。女性の姉は毎日新聞の取材に「無事見つかり良かった」と話した。

佐々本容疑者のアパートはJR山陰線浜田駅から南西約1.8キロの住宅街にあり、女性宅と別の地区だが近くにあった。アパートに同居人はいないとみられ、浜田署によると、先月14日と25日の夜、「男女が大声で話している」などと苦情があり、署員が訪れたが、注意などをしただけで女性を発見できなかった。

佐々本容疑者は野菜を栽培し、近所に分けることもあったという。付近の住民は「昨夏以降、『たたかんで』と女性の声が部屋から聞こえるようになった」と話し、別の住民は「騒がないよう注意すると、(佐々本容疑者は)『うちのが暴れて言うことを聞かん』と言っていたので、他に家族がいると思っていた」と驚いていた。

県警は被害者が自宅近くで見つかったことについて「これまで目撃情報はなかったが、しかるべき対応はしていた」と説明している。


スポンサーリンク





佐々木よりまずは高橋春花さんの事情の説明

この記事をお読み下さるあなたは、もう?この事故の情報をお持ちであるとは存しますが、ここでは今一度、このタイトルのことをここで紹介させていただきます。

地元の養護学校を2017年の春に卒業したばかりで高橋春花さんは事件当時19歳。

軽度の知的障害者で、交通機関などは一人で乗れたみたいです、きっと養護時代に自信をつけて、ゆっくりと自分の人生を進むつもりだったのでしょう。

この事件は2017年の7月の気持ちはフワフワからの春からワクワクにかわる夏に発生しています、これは、容疑者も被害者も同じ気持ちであったのではないでしょうか?

しかし、違いは「未来の希望」と「現状の打破」この違いはあったことは間違いないでしょうが、そんな混ぜると危険な2人が出会ったのは「軽度な知的障害」がこの事件の発端でしょう。

場所は春花さんの自宅近くの寺であった神楽の演舞を見に訪れていました。

 

春花さんにしたらこのお祭りは人とは違う「スペシャルイベント」であったことを裏付けるかのように初めは1人で参加してのちに家族と最後はまた1人で祭りを楽しんでいた姿を最後にその行方が分からなくなっていました。

未成年者と知りながらより軽い知的障害をあることを知っていたのならば「この事件は残酷だよぉ」

このタイトルのようにこの事件はとにかく「残酷」ではないでしょうか?

未成年とかではなく、「知的障害」をこの老人は「チャンス」だと思ったのですから。

こんな感覚、一体だれが持ちますか?

どんな言葉で誘い、この9ヵ月間近隣の目を騙し、春花さんの時間を奪っていったか。

この作られた違和感の空間で同じ時を過ごしてきた2人、男女関係ではない、関係でここまできたのですから、本当に残酷です。

もし、仮にこの2人の間に絆ができたいたのならば、知的障害の純真な心の傷はどうすれば修復していくのでしょう。

殺人とかではない事件でホッとしてはいますが9か月かんの時間の出来事を知的障害者だからこそ慎重に今後のケアーをしていかなければ「記憶」から消えることはないのでは

それが「純真」と言いうことです、少女はいつか大人になります。

春花さんは何歳になっても少女です。

これほど残酷なことが他にあるとでもいうのでしょうか。

本日も最後までお付き愛くださりありがとうございます


スポンサーリンク





Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小西正規 小西安寿紗は再婚かFACEBOOKが物語る,,,夫はゴルフ,妻は祭り,妻の投稿に子供の影2つ,2人は2013年にも長男に対する傷害容疑で逮捕されていた

【虐待ではなく長男の人生を殺してる,,,愛が無さすぎ】 2人は2013年にも長男に対する傷害容疑で逮捕されていた!だから放置したとでも,,,この事件は皆様もしっているでしょが中2の子供にご飯も与えずに …

安藤陽彦 顔画像はココ!現在の仕事は?ディズニーリゾートが保有する施設の会員権「「俺らなら入手できる」十八番の手口で驚かん,むしろスケール地味になちまったもんだ

【この男は何者だ】 タレントの加護亜依さんの元夫で、会社役員を名乗る安藤陽彦容疑者(50)ら2人は、 2012年、ディズニーリゾートが保有する施設の会員権を売ると、うその話を持ちかけ、 36歳の男性か …

奥田サチ子,顔画像は疲れ切ていたのか?高高介護はこの先のJAPANの国民の問題、人ごとで終わっていませんか?

【もう気が遠くなるほどに近い未来の話】 脳梗塞(こうそく)を患った同居の夫を殺害したとして、千葉県警は16日、千葉県柏市増尾2丁目の自称無職、奥田サチ子容疑者(65)を殺人容疑で逮捕は人ごとですか?こ …

介抱中を勘違いして新居太蔵はフルボッコ暴行、素性が公のもとに「自分の彼女に手を出しとんちゃうか」と邪推!彼女の「つい飲み過ぎた」のコメントまとめ

【彼女が上司にエロいことをされている」と勘違いし、暴行を加えた男が捕まった】 介抱中を勘違いして新居太蔵はフルボッコ暴行、素性が公のもとに「自分の彼女に手を出しとんちゃうか」と邪推!彼女の「つい飲み過 …

ふとんの西川火災がヤバい,砂賀悟(顔画像ココ)を逮捕!西川産業はブラック?動機はストレス発散、賠償額はおいくら?ストレス発散で人生オワタ

スポンサーリンク 【ストレスと言う名の犯罪】 やはり放火でした、埼玉県加賀市の「ふとんの西川」の倉庫で火災があった事件で、アルバイトの砂賀悟(すながさとる)が逮捕され、無断欠勤しており、それも火災の様 …

本日よく読まれている話題の記事!