エンタメ

ヒロシは芸人じゃねぇな,,, 現在はニュータイプビジネスマンと呼べるよぉ!一度“消えた”男「自分はネガティブだから」一問一答がサムぃがあったけぇよぉ・・・

投稿日:

Pocket

【ヒロシです…一度“消えた”男は、現在どのような価値観で仕事をしているのか?】

2000年代、『エンタの神様』などでブレイクしたお笑い芸人、ヒロシ。
少し前には日めくりカレンダー『まいにち、ネガティブ。』も話題になりましたが、現在の活動状況を調べてみると、実は彼がYouTubeで配信する「ソロキャンプ動画」がジワジワと支持を集めているらしい! ほかにも、執筆活動や事務所・店舗経営など、幅広くビジネスを展開していることが判明過去~現在のヒロシを記事にしてみました


スポンサーリンク





ヒロシのプロフィール

名前(本名) 齊藤健一
生年月日 1972年1月23日(46歳)
熊本県荒尾市 テキスト
職業 お笑いタレント
事務所 ヒロシ・コーポレーション
Wikipedia 


スポンサーリンク





ヒロシの経歴や生い立ちについて

https://matome.naver.jp/odai/2141273248526657901/2141274379440641003

熊本県荒尾市で生まれた。

実家は万田坑のそばで、父は炭鉱マンだった。

本名の「健一」は、「健康第一」という願いを込めて付けられたもので、弟・康次(診療放射線技師をしている)と一字ずつとって合わせると「健康」となる。

炭鉱の街の炭鉱住宅に住み、みな生活レベルが同じだったため、貧富の差を感じたことがなかったが、中学生のとき神奈川県に住むいとこが遊びに来た際に、「汚いから」という理由でヒロシの家に泊まらずホテルを利用したことから初めて自分の家が貧しいということを知った。

1981年の秋、ヒロシが小学3年生のとき、父親が仕事中の落盤事故で左ももから下を失った。

炭鉱の落盤事故は珍しいことではなく、近所を歩けば片足を失った炭鉱マンと頻繁にすれ違っていたヒロシにとってそれは見慣れた光景であったが、父親が左脚を亡くした現実はなかなか受け入れることが出来なかったと語っている。

父はその後、炭鉱の保健課の事務職として働いた。

父は読書家で教養のある人物だった。勉強に関しては厳しく、ヒロシが宿題で分からないところがあると叱られたり、家の外に締め出されることもあった。

ヒロシ自身は父が勉強に厳しかった理由は、自分のように危険な仕事ではなく、大学を出て安定した企業でサラリーマン生活を送るという道を息子に歩ませたかったのではないかと考えている。

半面、父は身体を使う仕事に誇りを持っており、高校生のときにヒロシが飲食店の皿洗いのアルバイトをすると激怒して辞めさせたが、土木作業や駐車場整理のアルバイトは応援してくれた。


スポンサーリンク





ヒロシ(芸人)のブレイク当時

http://www.kaigogoyoukiki.net/tanakaigo/?p=961

 

ヒロシが小学生のころ漫才ブームの真っただ中で、特に好きだったのがツービートの漫才だった。

「芸人」という職業に衝撃を受け、自然と憧れの気持ちが強くなったのもこのときだった。

小学生の頃、家族に頼み込んでなんばグランド花月に行き、初めて生のお笑いライブを観劇。その中でひときわ面白かったのが、全国区になる前のダウンタウンで、劇場の外で待つ多くの女性ファンを見て「お笑いで頑張ればこんなにモテるんだな」と衝撃を受けた。

小学生時代のヒロシは暗くいじめられっ子で、担任教師にさえ嫌われていた。

中学は地元の荒尾市立荒尾第三中学校に進学。

中学3年生の時の三者面談で、初めて芸人になりたいと打ち明けたが、先生に軽くあしらわれた。

熊本県立荒尾高等学校から指定校推薦で九州産業大学商学部に進学。

大学1年生のとき、男友達2人を誘ってトリオ「貴族」を結成し、吉本興業が主催するお笑いオーディション番組「激辛!?お笑いめんたい子」(テレビ西日本)に応募。

テレビ熊本で行われた熊本予選に参加するが、不合格。

就職活動で大阪府や福岡県などの企業を数社受けたが、全滅。就職が決まらないまま大学を卒業し、実家に帰り、しばらくダラダラとした生活を送る。

見かねた両親が知人の伝手で保険会社に就職させ、損害保険の営業の仕事に就いた。

極度に人見知りの性格であったため営業の仕事が務まらず、サラリーマン生活自体、不向きだと考えるようになった。

入社から半年後、身内を一通り保険に加入させたところで退職した。

23歳のとき、再び「激辛!?お笑いめんたい子」のオーディションに挑戦。

前回一緒に出場した男友達2人には断られた為、1人で出場し、中森明菜や近藤真彦の物真似を披露。

結果は不合格だったが、福岡吉本のスタッフが不合格者の中からどうしてもお笑い芸人になりたい人を募った。

前回出場したときも同じような声かけはあったが、その時は勇気がなく手を挙げられなかった。しかし、2度目の挑戦のときは会社員として挫折を経験していたため、「もう逃げ道はない」という強い気持ちで、そのスタッフに連絡した。

 

『オリンピックは4年に1回でしょ?ヒロシをテレビで見れるのもそのくらい貴重ですよ』と、あくまで軽い冗談を言ったのだが『そんなにも見ませんよ』と返された。

お騒がせして本当に申し訳なかったです。あと「ヒロシがテレビに出ないから娘が心配してる」とありましたが…。 「ヒロシは家で横になってジッとしてるんだよ。生きてはいるよ」と教えてあげてください。

とうとう、営業先での楽屋がなくなりました。

日常

エロ本を買っているのだから、シールでよろしいわけがない。

修学旅行のバスガイドがおじさんでした。

ホームレスのおじさんが、俺が持っている服と色違いの服を着ていた。

『果報は寝て待て』っていいますが、どれくらい寝ればいいのだろうか。

「暇なとき電話してね」っていわれましたが、いつも暇でタイミングを逃す。

1:42 メールを送ってから返信が返ってくるまでの時間の男女比。

空港の荷物受け取り場にて、2つ預けておいた荷物が、最初と最後に出てきた奇跡。

出典t2.gstatic.com


スポンサーリンク

一発屋と呼ばれるまで

http://e-tsuribito.blogo.jp/tag/ヒロシ

福岡吉本時代

しばらくするとナインティナインが出演するイベントに呼ばれ、芸人になるきっかけが出来たと喜んでいたが、やらされた仕事はチケットのもぎりであった。

その後も雑用係としてイベント会場に呼ばれる日々が続いた。

不安になっていたある日、突然「ライブをやるからネタを作ってこい」と言われた。そのとき残っていたのは十数組だけで、後の「福岡吉本6期生」として同期となるメンバーであった。その中には、パンクブーブーの佐藤哲夫、スパローズなどがいた。

ネタ見せは福岡吉本の所長がいる中で行われた。

ヒロシ自身、ネタの詳細は覚えていないが、下品で下ネタを含むネタを披露したところ、所長に激しく激怒されスリッパを投げつけられた。

ネタを酷評されたことからピン芸人としてやっていくことに不安を感じ、元々漫才師を目指していたこともあり、コンビを組みたいという気持ちが強くなっていった。早速、同期に声をかけコンビを組むが、当時思い切ったことをやれば売れると勘違いしていたヒロシはその相方に「うんこを食ってみよう」と提案し、考え方が違うと拒絶され、舞台に1度も上がることなく1か月で解散。その後、3人組でコントをやり、そこそこ評判が良かったが、短期間で解散。そして、ツッコミが上手そうだった友納一彦を誘い「ベイビーズ」を結成し、落ち着いた。ヒロシがあがり症で大きな声を出したい気持ちが強かったため、ベイビーズ時代はキレ芸をしていた。ライブではそこそこウケるものの一向に売れる気配がなく、事務所からの評価も最悪だったことから、友納と多くの芸能プロダクションがあり、新人発掘のライブが頻繁に行われている東京で暮らした方が良いのではないかと考えるようになった。そこで、3年間所属した福岡吉本を辞め、26歳の時に上京。当時は芸人仲間6人(その中にパラシュート部隊の矢野ぺぺもいた)と中野区の6畳一間のアパートで共同生活を送っていた。

ホスト時代

ベイビーズ時代、「熊本弁の認知度を上げたい」という気持ちやヒロシも相方も日常生活もままならないほど方言訛りがひどく標準語が話せなかった為、熊本弁でキレ芸を展開。ライブ後のアンケートではいつも「何を言っているのかさっぱり分からない」と不評だった。最初は「観客が理解するようになればいい」と強気だったが、人気投票でいつも最下位だったことから危機感を覚え、徐々に標準語にしていった。ライブへの出演が続いていたある日、相方と一緒に受けたテレビ番組のオーディションにヒロシだけ合格。それは建設現場のとび職の体験で足場の下に土佐犬が待っているというものだった。出番までの2か月間、その土佐犬の世話までさせられたが、出演料は2万5千円だった。仕事を終えて帰ると相方と温度差が出来ており、コンビは解散。相方は地元福岡に帰った。コンビ解散後、生活費に困っていたところ、ライブに出ていた芸人仲間から「ホストは稼げるし、モテるぞ」と聞いた。後々それはその芸人が自分がモテると自慢したいがための嘘だったと判明するのだが、ヒロシは騙されて知り合いの知り合いの彼女の更に知り合いという遠いつてをたどり、歌舞伎町の小さな店で働き始めた。源氏名は「冴神 剣(さえがみ けん)」で、殺し文句は「あなたの心を一刺し」。面接で酒が飲めないと知らせていたにも関わらず採用されると毎晩大量の酒を飲まされ、飲まないと怒鳴られる、長時間労働で風呂も入らず仮眠をとっただけで出勤、高熱が出て仕事を休んでも罰金3万円を払わされるといった辛い日々が続いた。指名がほとんどなかった為、給料は月3万円程度で唯一の休みだった日曜日は、コンビニでアルバイトをしていた。週1回のアルバイトなのに、ホストよりコンビニのアルバイトのほうが給与がよかった。ホストクラブを辞めようとすると「代わりのホストを探せ」と脅され、逃げようとすると1日6万円で借用書を書かされ、取り立てに来られた。また、ホスト時代はホームレスになった。当時交際していた女性が二股をしており、ヤクザ風の男たちがヒロシが芸人仲間と共同生活をしていたアパートに押しかけてきた。身の危険を感じて窓から逃亡し、それ以降、そのアパートには戻らなかった。新しいアパートを借りる余裕もなかった為、ホストの客引きの時間に見知らぬ通行人に泊めてくれるように頼んだ。時々泊めてくれる人もいたが、何日もお金を払わずに居座ると追い出され、また新しい宿を探すという生活を続けていた。宿がなく、二日酔い状態で意識が朦朧とし、路上で倒れているときに、仲の良かったお笑いコンビサンドウィッチマンに偶然発見され、介抱してもらったこともあった。ヒロシは後に、29歳から31歳までのこのホスト時代を「まさに生き地獄」だったと回想している。また、「ヒロシです」のネタでブレークした頃、よく「ホストキャラ」と呼ばれたが、ホスト時代に辛い経験をしていた為、そういわれるのが嫌で仕方なかったと明かしている。

「ヒロシです」誕生とブレイク

ホスト時代、芸人に戻りたいと考えていたが、ライブやテレビ番組に出れば居場所を特定され連れ戻されるかも知れないという恐怖心を感じていた。心身ともに限界に達し、2003年の初日の出とともに誰にも告げずに荒尾市の実家に帰った。それから2か月間、実家に引きこもり、ひたすら大学ノートにネタを書き溜めた。幼い頃いじめられた経験、女性にモテなかった青春時代、ホストとしてお笑いが出来なかった悔しさなど様々な思いをネタにぶつけた。そのとき生まれたのが「ヒロシです」のネタであった。そのネタをいつもここからの山田一成に見せに行ったところ、「いいじゃない!」と背中を押してくれた。「ヒロシ」という芸名は、フリーアナウンサーの生島ヒロシに由来する。たまたま家にあった雑誌の表紙に生島が写っており、「親しみやすい名前」だと思って採用した。早く「ヒロシです」のネタを広めたいと思い、多くのライブに出演した。数人だけが極端に笑うという状況が続き不安になって山田に相談したところ「間違ってないんだから、そのままでいい」と助言され、路線を変えずにネタを続けた。友人に借りてきたビデオカメラで「ヒロシです」のネタを収録し、若手芸人の登竜門と言われていた「爆笑オンエアバトル」宛てに送ったが、なんの音沙汰もなかった。その後も早朝に起きてネタを作り、オーディションを多数受け、月20本のライブ出演をこなし、深夜アルバイトをこなすという生活を送る。そんなある日、サンミュージックプロダクションから「うちで預かります」と声をかけられ、初めて正式に芸能事務所に所属した。それから間もなく「エンタの神様」に出演(キャッチコピーは「孤独な男のモノローグ」)、これが初の全国放送出演となった。放送から数日後、どれだけ人気が出たか確かめようと吉祥寺で行われたライブの会場周辺を「ヒロシです」のBGMを流しながら何度も往復したが、誰にも気づかれず、1度全国番組に出ただけでは何も変わらないと思い知らされた。2004年、三宅裕司と同郷のくりぃむしちゅーが司会を務める「笑いの金メダル」に出演。当初は1回出演するだけの予定だったが、三宅とくりぃむしちゅーが気に入ってくれ、その後何度か出演し、ブレイクのきっかけとなった。ブレイクする少し前、「あっぱれ!!さんま大教授」に美輪明宏の今一番気になる人としてゲスト出演した。美輪からは「誰にでも思い当たるようなことをネタにするセンスと、照明やポーズを含めた自己演出に秀でている。すごく頭がいい芸人」と称賛された。それからヒロシは美輪の大ファンとなり、彼の舞台を何度も見に行った。「笑いの金メダル」に出演してから3、4か月たった頃、給料が30万円振り込まれ、初めて売れた実感を得た。お金が貯まると家賃2万円の4畳半から渋谷にある家賃13万円の2LDKのアパートに引っ越した。荷物の搬入が終わり、近くの吉野家で牛丼を食べ終えて店を出ると週刊誌「女性自身」の記者に突撃取材を受けた。居場所が特定された恐怖心から動揺して人違いだと立ち去り、すぐに事務所に電話した。それからしばらくして「四畳半は卒業したとです…。2LDKピカピカのマンション新生活!」(2005年5月31日号)という見出しの記事がジーンズとスニーカー姿の写真付きで掲載された。これが、ヒロシの雑誌デビューとなった。2005年の『R-1ぐらんぷり』では、前回に引き続き2回目の決勝進出を果たした。決勝戦では、結果は6位だった。2005年の『第1回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』で見事初代王者となり200万円と車を獲得した。

ヒロシがお笑い芸人を目指したのは「女性にモテたい」というのが最大の理由だった。ブレイクしたとき、ライブ会場には出待ちの女性たちが何百人単位で詰め掛け、黄色い声援を飛ばした。「ヒロシ」と書かれたうちわを持ったファンもいた。ようやく訪れたモテ期だったが、人見知りの性格で話しかけられず、警備員に囲まれてそのままタクシーに乗せられるだけの日々が続いた。どうしても欲望に勝てなくなり、風俗店に通った。ある日、やっと購入した高級車ジャガーに乗って東京を代表する吉原の風俗店に行ったところ、それが「週刊女性」に「貧乏じゃなかとです…。白いジャガーで『ソープランド』」(2007年6月12日号)という題名で記事が掲載された。料金ほか、部屋の備品からヒロシの様子まで詳細が掲載され、ヒロシはとても恥ずかしい思いをしたが、後にこれを「ヒロシです。彼女の名前を知りません。」とネタにしている。絶頂期は月収1000〜3000万円が1年ほど続き、最高月収は4000万円だった。炭鉱街出身だった為、贅沢が性に合わず、その当時にした贅沢は3万円のアパートから家賃48万円の家に引っ越し、高級車ジャガーを購入したくらいで、その他の稼ぎは全て風俗への利用につぎ込んだ。

上記の売れても女性にモテないことや週刊誌による暴露的な報道、売れてから周囲の人間に「天狗になった」と陰口を叩かれるようになるなど様々な苦悩を経験したが、ブレイクして何よりもつらかったのは、各局の番組スタッフに嫌われたことだった。ヒロシ自身は思い当たる点がいくつもあると語っている。例えば、番組側が用意した「ヒロシです」のネタを披露するように言われたが自分の人生経験から生まれたこだわりのあるネタであったためそれを拒否したこと、大して面白い話も出来ないのに出演料を貰うのは申し訳ないという意味から「もうひな壇には出たくない」と発言したことなどである。いずれもコミュニケーション不足が招いた誤解だった。さらに極度のあがり症だった点もヒロシを追い詰めた。テレビ番組の収録ある時には、吐き気がして前日から眠れず、テレビ局に近づくと体が震え出した。楽屋で有名タレントに会っても緊張して話せず、収録中は意識が朦朧として、共演者が何を言っているのか、半分以上理解できない状況が続いた。幼い頃から、あがり症ではあったが「ここぞ」というときには力を発揮できるタイプで、テレビ出演を続ければ慣れると思っていたが一向に慣れなかった。精神的に限界を感じ、ブレイクから約5年後、事務所に「もうテレビに出ません」と伝えた。自分から断ったとはいえ仕事が減り、悩んでいたころ、4年ぶりに仕事で会った美輪明宏に「待つのも仕事なのよ」という言葉をかけられた。美輪はその後、ヒロシが2008年に発表した自叙伝「沈黙の轍 ずんだれ少年と恋心」の帯に推薦文を書いてくれた。ヒロシが一発屋と呼ばれ始めていた時期な上に金にはならない仕事であり、大物の美輪に頼むのは図々しいと思っていたが、美輪は快く引き受けてくれたという。

ヒロシの2018年の価値観とは

ネガティブカレンダーがヒットし、収入は安定?

https://matome.naver.jp/odai/2144730271496739601/2144730575800151603

2000年代、『エンタの神様』などでブレイクしたお笑い芸人、ヒロシ。

少し前には日めくりカレンダー『まいにち、ネガティブ。』も話題になりましたが、現在の活動状況を調べてみると、実は彼がYouTubeで配信する「ソロキャンプ動画」がジワジワと支持を集めているらしい! ほかにも、執筆活動や事務所・店舗経営など、幅広くビジネスを展開していることが判明。

編集部・N
ヒロシさんは現在、ソロキャンプ以外にもさまざまな活動をされてるんですよね?

ヒロシさん
事務所経営、店舗経営、YouTubeチャンネル運営、タレント業、執筆業…。今日取材に来ていただいたこちらのカラオケ喫茶「ヒロシのお店」は、2015年にオープンして今年で3年目。近々改装も予定しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00010000-srnijugo-ent

ヒロシいわく、

「人付き合いが苦手ですが、仕事をやっていくうえでは避けられません。」

「自分の利益にならない人や会社は極力避けていきたいと考えています。」

「“利益”とは金銭面だけではなく、気持ちよく仕事ができること」

「それが“無理をしない”ということです。」

「どうしても苦しくなったら、この無理をしなかったら最悪こうなる」

「それでもかまわない」という覚悟ができたら無理を放棄する。

・過去にヒロシさんが無理を放棄したのはことは

会社勤め→芸能人の道へ

お笑い芸人としてテレビの露出を控えたとき→上の人に気に入られたり、やりたくもないことをやったりするくらいなら、無理せず好きなことを自分のペースでやっていきたいと思った。

Twitterの反応

ヒロシです…のソロキャンプのyoutube
なんかいい!画像が綺麗ってのもあるし
ワクテカ感が伝わってきた。
またキャンプしたい!
ヒロシのキャンプ動画すきだし、テレビに出ているとうれしいですね
ヒロシの面白さをそこまで引き出せていない番組だったな。
ヒロシのコメントに期待とか何かに書いてあったけどあんまり喋ってるところ映ってなかったよねー。
ヒロシがトルコとベルギーを旅する番組が面白すぎた
芸人のヒロシさんが 少し前から ひとりキャンプという動画をあげてらっしゃるということで少し拝見しました。 bgmも特になく話もそんなにない動画で、それがなんか良かったです。
お笑い芸人ヒロシのソロキャンプ(ひとりでキャンプする)動画が
人気あるそうです。どうでもいいですか?
最近暖かくなってきたからサーフィンしながらツレとキャンプするんやけど、youtubeでヒロシキャンプがおもろくて、あの芸人のヒロシのことリスペクトに変わったわ😁
俺もキャンプ用品一から揃えることにした👍
行きつけの歯科医。日めくり修造カレンダーの隣に日めくりヒロシカレンダー置いてるんだよ。患者のメンタルをどうしようとしてるんだろうか…
何年か前ヒロシですの日めくりカレンダー買ったの思い出した
ついでに前 担任が松岡修造とヒロシの日めくりカレンダーをセットで教室に置いてたことも思い出しました。


スポンサーリンク





2018年現在のヒロシさんとの一問一答

2000年代、『エンタの神様』などでブレイクしてすぐ消えた、お笑い芸人ヒロシさん。

現在の活動状況を調べてみると、実は彼がYouTubeで配信する「ソロキャンプ動画」がジワジワと支持を集めているらしい! ほかにも、執筆活動や事務所・店舗経営など、幅広くビジネスを展開していることが判明。

――ヒロシさんは現在、ソロキャンプ以外にもさまざまな活動をされてるんですよね?

事務所経営、店舗経営、YouTubeチャンネル運営、タレント業、執筆業…。今日取材に来ていただいたこちらのカラオケ喫茶「ヒロシのお店」は、2015年にオープンして今年で3年目。近々改装も予定しています。僕は人付き合いが苦手ですが、仕事をやっていくうえでは避けられません。とはいえ、自分の利益にならない人や会社は極力避けていきたいと考えています。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます

僕の考える“利益”とは金銭面だけではなく、気持ちよく仕事ができることも含みます。


スポンサーリンク





――気持ちよく仕事ができること=利益。なるほど。

それが無理をしない”ということです。社会人である以上、やはり無理しなければいけない場面はあるかと思います。

でもどうしても苦しくなったら、「この無理をしなかったら最悪こうなる」という状況を想像して天秤にかける。

そして、「それでもかまわない」という覚悟ができたら無理を放棄すればいいんです。――なるほど。ちなみに、過去にヒロシさんが無理を放棄したのはどんなときですか?僕は短い期間ですが、会社勤めをしていた時期がありました。

そのときに、このまま無理を続けることと子どものころからの夢だったお笑い芸人にチャレンジすることを天秤にかけ、出した結論が1度目の無理の放棄です。

2度目はお笑い芸人としてテレビの露出を控えたとき。

無理をして上の人に気に入られたり、やりたくもないことをやったりするくらいなら、無理せず好きなことを自分のペースでやっていきたいと思ったんです。

 

――その結果が現在の成功につながっているんですかね?

ソロキャンプの動画配信は、自分が好きなことの魅力を伝えたいと思って始めたらいつの間にか収益になりました。
事務所経営は増えてきた仕事のために必要になったという感じ。このお店は事務所を兼ねているので、あくまでもカラオケや飲食はサブですね。無理して稼いでる、というわけではないです。仕事の世界では「ポジティブに頑張る」ことを求められることが多いですが、ヒロシさんのようにネガティブマインドで成功している人は珍しいと思います。ネガティブをマネタイズしているのは僕くらいなんですかね?
ただ、ネガティブは「慎重」「冷静」とも言えるので、「自分はネガティブだから」と思っている人は「慎重で冷静に仕事ができる」と自信を持ってほしいです。
でもまぁ、ポジティブなほうが得することは多いかもしれませんけど。

生い立ちの記事すら「ヒロシ」らしさのある昭和枯れすすき、現代は1つの考え方に縛られることは「ない」ヒロシのかんがえですらその1つであると伝えたかったのではマイナスがマイナスで終わらない使い方もあるのでしょう。

本日の記事はここまでです、最後までお付き愛くださりありがとうございます


スポンサーリンク





Pocket

-エンタメ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

華那 失踪 華那さんは華那ヴィジュアル系バンド「コドモドラゴン」のギタリストで1月4日未明から全く連絡が取れなくなっています。

Twitter上で騒がれていたのがヤフーニュースにまで騒がれていますね。 華那(かな)さんの失踪騒ぎ、華那さんは華那ヴィジュアル系バンド「コドモドラゴン」のギタリストで1月4日未明から全く連絡が取れな …

猪狩ともか 看板事故にフリーライター フジイサナエ不謹慎発言でTwitter大炎上「「車椅子アイドルとしての成功がほぼ約束された」の一部始終

【大炎上】 ライターのフジイサナエ氏はご存知でしょうか?グルメやトラベル系のサイトで執筆活動をしており、温泉好きなライターとして絶大な支持を得ているのですが、今回、インターネット上で物議をかもしている …

no image

市川染五郎 嫁 園子の実家がお金持ちで奪略婚 寺島しのぶ 隠し子 やりたい放題が芸の肥やしとでも言うのであろう

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。 今日、あなたにお伝えしたいことは3点です。 1、市川染五郎 嫁・園子の実家が資産家!2、園子さんの略奪婚?寺島しのぶとの破局の理由3、市川染五郎には隠し子がい …

中村愛 誰 ゲスドル ナニ,では、動画で誰よりドコより物凄く丁寧に放送禁止ギリギリをジリジリお伝えしていきます「僕は好きだなぁ」

【ゲスで下品が最高】 タレントの中村愛(32)が25日、自身のブログを更新し、現在妊娠5カ月であることを発表した,「細かすぎて伝わらないものまね」の平井理央って言ったら一般の方にも伝わますか,中村愛 …

no image

「黒い十人の秋山」放送日決定で犯人予想だ容疑者全員ロバート秋山…1人10役を紹介してます、あなたの予想は?

12月の楽しみの一つにやはりテレビ番組ではありませんか? ここでは12月の大注目の秋山竜次がまさかの1人10役に挑戦 -(C) テレビ東京を紹介していきます。 スポンサーリンク 目次1 黒い十人の秋山 …

話題の記事!