中村勘九郎(36)阿部サダヲ(47)が主演する19年NHK大河ドラマ「いだてん」の新たな出演者の発表会見が1日、東京・渋谷の同局で行われ、綾瀬はるか(32)生田斗真(33)ら13人が発表され、12人が会見に出席した。

物語は勘九郎と阿部がリレー形式で主演を務め、前半は勘九郎が日本人初の五輪選手金栗四三を、後半は阿部が64年の東京五輪招致に尽力した記者の田畑政治を演じ、64年までの日本五輪の歴史を描く。

金栗の妻を演じる綾瀬は13年「八重の桜」に主演して以来の大河。「非常にワクワクしています。撮影が今から楽しみでなりません。前回、大河ドラマに出たときは朝の入り時間が職員さんと同じで、すごく新鮮。NHKの社員さんになった気分で楽しかったです。社食も同じ」と語り、周囲を和ませた。また、主演の2人に「1年間を通じて1人の人を演じるのは格別の喜びがあると思うので、いだてんのように私たちを引っ張っていってください」と語った。

生田は金栗の盟友で、金栗と一緒に日本最初の五輪選手に選ばれた三島弥彦を演じる。生田は「脚本の宮藤官九郎さんには、裸にされることが多く、今回も裸の予定があります。お茶の間の皆さんに恥ずかしくない体作りを目指して頑張ります」と笑顔を見せた。

他に、大竹しのぶ(60)竹野内豊(46)役所広司(61)杉咲花(20)永山絢斗(28)勝地涼(31)ピエール瀧(50)古舘寛治(49)杉本哲太(52)シャーロット・ケイト・フォックス(32)らの出演が出席。会見を欠席したが、中村獅童(45)が金栗の兄役で出演する。


スポンサーリンク





Pocket