事件事故から学ぶ

大西智博 性格,素性,高校,野球部,個人情報垂れ流しは少年法を無視した実名報道があったから、19歳が実名報道されなければならないワケはコレしかねぇじゃん

投稿日:

Pocket

【実名報道がもたらしたもの】
大西智博 性格,素性,高校,野球部,個人情報垂れ流しは少年法を無視した実名報道があったから、19歳が実名報道されなければならないワケはコレしかねぇじゃんと言うテーマで記事にしました。


スポンサーリンク





事件の概要

出典;JNN

滋賀県彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、同署の井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で撃たれて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の男性巡査(19)=同市=は「間違いありません」と容疑を認め、「罵倒(ばとう)されたので撃った」などと話していることが12日、捜査関係者への取材で分かった。巡査は昨年4月に採用され、今年1月29日に同署へ配属されたばかりで、県警はトラブルや事件の詳しい経緯などを調べる。

また、県警の武田一志(ひとし)警務部長が12日朝に記者会見。「警察官が貸与された拳銃を使用して殺人事件を起こしたことは極めて遺憾。職員については捜査状況を踏まえ、厳正に対処する」と述べ、深々と頭を下げた。

県警によると、井本巡査部長と男性巡査は、11日午前8時半から、河瀬駅前交番で2人で勤務していた。

同日午後8時15分ごろ、彦根市に隣接する同県愛荘(あいしょう)町目加田で、県警のパトカーが田んぼに突っ込んでいるのを発見。東近江署員が河瀬駅前交番のパトカーと確認し、彦根署員が同交番に向かったところ、井本巡査部長がいすに座ったまま机に突っ伏し、頭から血を流しているのが見つかった。井本巡査部長は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

出典;産経

上司で教育係井本光巡査部長を拳銃で撃った理由は、

罵倒(ばとう)されたので撃った

というものでした。

背後から銃で撃って殺した

それも2発、研ぎ澄まされた殺意をかんじます。

罵倒された→「ののしる」→声高(こわだか)に物を言う。わめく。

こういう指導方を取る人は確かにたくさんいます。

ここに愛を感じるか、感じれないかで人は捉え方は変わります、が、残酷に拳銃を使う。

警察の体制にも不満があったのかもしれません、拳銃=警察ですからね。


スポンサーリンク





では、この事件での警察の対応は

 

 

 

出典;JNN

警察官が警察官を拳銃で殺害するという極めて異例な事態に、警察部長は1分間にわたり頭を下げて謝罪しました。

この事件、殺害した警察官は19歳未成年のため、通常であれば匿名報道のはずですが、なぜか氏名が実名で公表されていたのです。

顔画像と実名が公表されたのは、報道された時点では、大西智博容疑者が拳銃を持って逃走中であり、市民に危害が及ぶ可能性があるため、実名報道にしたようです。

その証拠に、身柄が確保された以降は、19歳巡査と匿名報道に切り替えられたようでした。

NHKが一番速く、報道したのでは、だだ、逮捕されてからは緊急事態ではなくなったので匿名に切り替えます、逮捕後はそう報道の下に付け加えられました。

現在の日本では通常、少年法によって以下のように実名報道は制限されています。

庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であること推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。
— 少年法第61条

19歳のこの名前と顔画像の公表は異例の判断でした。

しかし、この行動は正しいものではなかったのではないでしょうか。


スポンサーリンク





19歳のこの名前と顔画像の公表は異例の判断でしたがもたらしたこと

現在の状況では大西智博容疑者の取り調べが行われていますが、

その動機については捜査に支障をきたすということで公開されていません。

しかし、大西智博容疑者をよく知る人物の話では、

性格は温厚で優しい人だったそうです。

 

 

「あいさつもよくしていた。おとなしそうな感じやね」

(逮捕された巡査を知る人)

『優しい人ですね。怒っているところは見たことない。』

『普通にいい人でした』(中学校の後輩)

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/


スポンサーリンク





この記事のまとめ&考察です

実名がでたことで、大ぴらに取材ができるようになり、大西容疑者身近にネットの、Twitter投稿にダイレクトメールで話がしたいと「知っている」と言う投稿に大胆にアプローチしていってました。

ですから、いち早く、過去の知り合いとコンタクトがとれだしました。

「真面目」そう、いってもらうことがいいのか、そんなコメントがネットを賑あわせているのには「そんな、言葉ばかりを選んでいるのではと勘繰りをいれてしまします。

性格や素性は「真面目」と作りギャップのイメージで報道しているのでしょう。

全てが用意周到にこの犯行は重ねていっているので性格は真面目ではなく、几帳面で、裏表のある我慢する子のような気がします。

社会人になって爆発したのではなく、布石がここにきて「爆発」したのは「真面目で几帳面」が災いしたのでしょう。

我慢できないではなく、我慢の沸点がここに来てでたのでしょう。

自分が描いた夢とのギャップ、全てが一人に向けられた、消してなくせば元に戻ると考えていたから、逃走も頭に入れていたが、殺害後に真白になったのは「消えなかった」からでしょう、そのギャップが。

この19歳は罪を償っても、もう、廃人のようにしか生きていけないかもしれません。

そう、消えてなくならなかったからです、理想との溝が。

とても、悲しい結末でした。

本日の記事はここまでです、最後までお付き合い下さりありがとうございます。


スポンサーリンク





Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野田志帆さん「大阪府大東市のドッグカフェでは悲しみの声が上がった」ドッグランフィールドの人たちは離婚協議中でも夫を愛して葛藤する姿がマナコに残っているんだろう,「心」を記事にしてみました 

和歌山県白浜町の海水浴場でシュノーケリング中に水難事故を装い、妻を溺れさせて殺害したと思われる事件の全容が色濃く見えてきました、この事件で「愛」とは?を考えていけたらいいのではないでしょうか。 本日も …

一丸昌弘容疑者のFACEBOOKのライフイベントを見て考察、聖者の行進はリアルにも起きる、名門ヘレンケラー財団の今後は

【聖者の行進はメガネブタの仕業】 大阪の障害者施設で入所していた当時10歳の男の子の下半身を触ったとして、元職員の一丸昌弘容疑者が逮捕されました。被害者は十数人にも及ぶということです、この事件をFAC …

no image

三橋貴明 さかき漣が前妻だった、さかき漣の意味深なブログがこの事件を暗示していたのか、三橋と言う男はなんなんだ

経済評論家の三橋貴明氏が逮捕されました、今日あなたにお伝えしたいことは大きくわけて2点です、1、前妻のさかき漣の意味深なブログがこの事件を暗示していたのか 2、三橋と言う男とはを僕なりにリサーチしたこ …

斎藤慧 経歴 大学生は?イケメンスケートはライバル国に嵌められた可能性はあるのか

平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧がドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者の話で明らかになった。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてとな …

no image

田中ひかる 顔画像&FACEBOOK捜査!「噛む」心理トワをあえて語ろうじゃねぇええか6つまとめ

【噛む】 生後1カ月の長男にかみ付いてけがをさせたとして、母親の田中ひかる容疑者が逮捕されました。「可愛くて興味本位でかみ付いた」は旦那はよく理解してることでしょう、顔画像やFACEBOOK調査してこ …

本日よく読まれている話題の記事!