スポーツ 情熱大陸

皆川夏穂 中学,高校,大学比重はロシア,新体操が彼氏練習中のすっぴんがかわいい,選手生命“ハタチ”がピークの情熱でも私服が気になる“20歳”「全ては東京五輪でメダルを獲得するため」

投稿日:

Pocket

情熱大陸

2018年4月8日に放送される『情熱大陸』に新体操選手の皆川夏穂(みながわかほ)さんが、出演することで、話題になっています、皆川夏穂さんといえば、リオデジャネイロオリンピックに出場し、新体操世界選手権で42年ぶりに、メダルを獲得した事で、注目を集めています、今日は


スポンサーリンク



2018年4月8日に放送される『情熱大陸』の内容とは

第一線で活躍する人たちの“情熱”を伝える、MBS・TBS系人物ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎週日曜 後11:00)。1998年4月5日にスタートし、今年で丸20年、放送1000回を迎える(第1回の出演者はプロゴルファー・丸山茂樹)。
時代の「旬」を探り、有名無名を問わず文化・芸能・スポーツ・医療などあらゆる分野で走り続ける人たちに密着取材を続け、丸20年の節目にあたり番組が産声を上げた当時に生まれた4人の“20歳”に密着。“ハタチの情熱”と題して、次の時代を担う才能あふれる若者たちのひたむきな姿を8日から4週にわたってシリーズで放送。トップバッターは、東京五輪でメダルを狙う新体操のエース・皆川夏穂。過酷、孤独、涙のロシア生活に密着した。

2016年リオデジャネイロ大会でオリンピックに初出場するも予選落ち。しかし、17年世界選手権種目別フープで日本人として42年ぶりに銅メダルを獲得し、今年3月の新体操リスボン国際トーナメントでは個人総合優勝。2020年東京五輪でのメダルが期待されている皆川。170センチの長身に長い手足、透き通るような色白の肌、凛とした佇まい。美しくしなやかな演技は「世界一のエレガントさ」と賞賛されている
中学卒業と同時に、特別強化選手として新体操大国ロシアに派遣された。言葉もわからず身振り手振りでのコミュニケーションからスタートし、ロシアのトップ選手らを育てて来たコーチにマンツーマン指導を受ける。ロシアに渡って5年、1年のうち約10ヶ月間は徒歩3分圏内にある宿舎と練習場をひたすら往復するだけの生活だ。孤独の中で1日8時間の猛練習とコーチの過酷な要求に歯を食いしばりながら挑み続けている彼女にとって、同年代の女性が味わうような楽しい学園生活も心ときめく恋愛も、未知の世界だという。唯一の息抜きは三代目 J Soul Brothersの音楽を聴くこと。


スポンサーリンク




番組ではそんな彼女のロシアでのストイックな毎日に密着。厳しい指導で心身ともに徹底的に追い込まれ、落ち込みながらも自分の弱さをコントロールする術を徐々に身につけ、目覚ましい進化を遂げていく姿をつぶさに追っていく。新体操選手にとっては、20歳といえば引退も近づく年齢。「全ては東京五輪でメダルを獲得するため」と新体操に10代のすべてを捧げてきた皆川にとって“ハタチ”とはどんな意味を持つのか? 普通のハタチでは抱くことのないアスリートとしての「覚悟」に迫る。


スポンサーリンク




皆川夏穂はどうつけられて、これからどうなるのか?(Number抜粋)

 

皆川夏穂と新体操42年ぶりの快挙。「美しさ、優雅さ」の先にメダルが。<Number Web> photograph by Satoko Imazu

 

「世界選手権の種目別決勝に残れたのは今回が初めてだったので思い切れたというか、『(決勝では)自由にやろう、ただ自分の演技をするだけ』と平常心で演技に臨むことができました」

今年8~9月、イタリアで行われた新体操の世界選手権。種目別決勝のフープで日本のエース、皆川夏穂は17.700点で銅メダルを獲得した。日本勢では1975年大会のフープで金メダルに輝いた平口美鶴以来、42年ぶりとなる快挙だ。

さらに2日後の個人総合決勝では、フープ、ボール、クラブ、リボンの4種目合計68.425点で5位に入り、1975年大会の森野容子に並ぶ日本史上最高の成績を収めた。

「(世界選手権は)シーズンの中で最も大きな試合ですし、そこでメダルを獲得できたのは、やっぱり素直にうれしかったですね。やっと世界の舞台でメダルを獲れる位置にきているんだなっていう実感も少なからずありました」

世界選手権初出場の2013年は個人総合で予選敗退。’14年は23位、そして2年前の前回は15位と、一歩ずつメダルへと近づいてきた。とくに、ロシアやブルガリアなど、世界の強豪を相手にした中での過去最高成績は皆川にとっても、日本新体操界にとっても大きな意味があるといえる。

中学卒業後、新体操大国ロシアへ。

日本体操協会は、’08年北京五輪、’12年ロンドン五輪の新体操で個人出場権を逃したことを受け、積極的な強化策として、’13年、特別強化選手を海外に派遣。中学を卒業したばかりの皆川は、同じイオン新体操クラブに所属する早川さくらとともに、新体操大国・ロシアへと飛び立った。

「ロシアに行けばトップの選手や先生に会えるし、いろいろと教えていただける。もともと、新体操に関して何かにチャレンジする時は、不安に感じたり心配するよりも、ワクワクするタイプなんです。なにより、オリンピックに出場したいという気持ちがとても強かったので、そのためにはもっと成長しなければいけないという危機感がありました。だから、1日でも早くロシアに行きたいという気持ちでしたね」

1年のうち10カ月、練習は全部ロシア語。

4年経った現在も、1年のうち10カ月間拠点を置くロシア・モスクワ郊外の練習場では、専属コーチからのマンツーマン指導を受ける。日々、宿泊施設と練習場を往復する新体操漬けの生活だ。

練習はすべてロシア語で行われるため、言語の習得は必要不可欠だった。留学当初は、次の日の練習時間を訊くことで精一杯。練習中はまだままならない言葉のかわりに、身振り手振りで、コーチや選手たちとのコミュニケーションに努めた。

日本で1日2種目が基本だった練習は、ロシアでは1日4種目すべてを行う。午前、午後に4種目ずつ、同じ手具を1日に2度触る日もある。

「手具をずっと触っていることが印象的でしたね。だからといって、必ずしも、練習時間が長いというわけでもないんです。午前、午後ともに3~4時間ぐらい。ノーミスの演技を1日2回行うことがノルマなんですが、ロシアの選手はすぐにできてしまう。だから3時間くらいで終わるんです。でも、私は集中力が少し足りなかったり、『これで決めよう』と余計な力が入りすぎてしまい、時間がかかってしまって」

「その基礎ではダメと度々(苦笑)」

ロシアでは幼い頃から基本を徹底的に学ぶ。土台ができれば技の難度を上げても体がブレないからだ。コーチはまず皆川に手足や体の使い方など、新体操の基礎を一から見直させた。

難しい技を難しそうにやらない。

同じ練習場には、’16年リオデジャネイロ五輪個人総合金メダリストのマルガリタ・マムンらロシアのトップ選手たちも多数トレーニングしていた。

「彼女たちの演技は、とにかく綺麗でつい見入ってしまいます。美しい演技なのに難しい技も簡単にこなすところがすごい」

世界トップレベルの選手のメンタルの強さや、無駄のない動きを目の当たりにする日々。彼女たちと一緒にトレーニングを行ったことも大きな刺激となった。

五輪でのレベルでも決して夢ではない。

現在のモチベーションは、開幕まで3年を切った東京五輪だ。リオ五輪で『オリンピック出場』の夢を実現させた今、次に目指すのは、オリンピックで表彰台に上がることだ。少し前まで異次元レベルに感じられた五輪でのメダルも、決して夢ではなくなってきている。

「正直なところ、(リオ五輪では)オリンピックに出ているという実感があまりなかったんです。だから平常心で臨めて、4種目とも落下ミスすることなく演技ができたんだと思います。でも、予選16位で上位10人が進める決勝には残れませんでした。本当に悔しかったし、東京五輪ではという思いも強くなりました。自国開催でプレッシャーもあると思いますが、自分が持っている力をすべて出し切って、納得の演技ができるようにしたいですね」

最高の状態で2020年を迎えるために自分には何が必要なのか。自身の課題を冷静に見極めている。

「まずは全種目ノーミスで演技できるメンタルの強さ。まだ体幹も弱く、高難度の技で体がブレて減点されたり、加点がもらえる箇所でとりこぼしてしまうことがあるので強化していかないと。もちろん、さらに難しい技にも挑戦していきたいです」


スポンサーリンク




「基礎はしっかり日本でやってきたという自信がありましたが、『その基礎ではダメ』と言われることが度々あって(苦笑)。正しいやり方を体に染み込ませる練習を何度も繰り返しました。特に注意されたのはひじの動き。手具を扱う時に少しでも曲がると短く見えるから、遠くまで伸ばすようにって。日本でも言われていたことだったんですが、ロシアでさらに徹底しました」

最強ロシア勢に対抗するためには?

メダル獲得となれば、ロシア勢を筆頭とする、世界のトップに対抗していかなければならない。

「海外の審判にも手の動きや美しさは、(世界のトップと)ほとんど変わらないと言っていただけているんです。あとはどれだけ試合で高難度の技を決められるか。それが彼女たちに追いつくポイントになるのかな。せっかくメダルを目指すのなら、ロシアの選手を超えたいという気持ちもありますが、まだまだ差は大きいですね」

憧れは’08年北京五輪、’12年ロンドン五輪の金メダリスト、エフゲニア・カナエワ(ロシア)やマムンのような演技だ。

「彼女たちは、難しい技を難しそうにやらない。しかも、曲の雰囲気を感じ取りながら随時動いているのでつい見とれてしまいます。それに見ていて伝わってくるものがあるというか感動する。自分もそういう演技ができたらなって思いますね」

美しさを持って、優雅さを表現したい。

運動能力のみならず、演技の美しさを競い合う新体操は、女性特有の華麗さや柔軟性を兼ね備えたスポーツであり、観客を魅了する美の追求も戦いの一つだ。

 

身長170cmで長い手足を生かした表現力、「エレガントさで言えば世界一」と、動きの美しさはかねてから評価されている皆川だが、巧みで美しい手具操作や動きのなめらかさといった長所は、今後さらに磨きをかけていきたいと考えている。

「体が縮こまったり、ガチガチしている演技は自分らしくない。曲を感じてダイナミックに演技し、優雅さを体で表現しながらも難しい技に挑戦するのが自分らしさ。私は、新体操は『美しさ』が前提にあって、その中で難しい技をどれだけ見せられるかだと思っているんです。その『美しさ』で、見ている方々に感動を与えられるような演技がしたいですね」

(Number940号『新体操 皆川夏穂「美しさ、優雅さで、感動を与えたい」』より)


スポンサーリンク




皆川夏穂を紐解く

皆川夏穂の画像
出典:
https://twitter.com/hashtag/

 

【名前】:皆川夏穂

【読み方】みながわかほ

【出身地】:千葉県

【生年月日】:1997年8月20日

【年齢】:20歳(2018年4月現在)

【所属】:イオンスポーツクラブ

【種目】:新体操

【好きなアーティスト】:三代目 J Soul Brothers

【趣味】:映画鑑賞、ショッピング

 

幼稚園の頃、友だちが新体操をしていることに影響を受けて、
皆川夏穂さんは、4歳から新体操を始めたそうです。

千葉県出身皆川夏穂さんは、千葉市に拠点のある、
イオン新体操クラブに所属しています。

練習場所は、美浜区高洲にある、イオンマリンピア店4階
だそうです。

ジュニア時代は、2012年、13年と全国中学校総合体育大会で
2連覇を果たし、イオンカップではジュニア総合2位
アジア選手権ジュニア日本代表など、数々の成績を収めてきました。

これらの実績が評価され、2013年中学卒業と同時に特別強化選手
として新体操王国のロシアへ留学されます。

言葉もわからない環境で、身振り手振りでのコミュニケーション
からスタートし、ロシアのトップ選手らを育てたコーチに、
マンツーマンの指導を受けたそうです。

2015年世界新体操選手権で15位となり、アテネオリンピックの
村田由香里選手以来、3大会ぶりに新体操個人総合でのオリンピック
出場枠を獲得しました。

2016年リオ五輪ではオリンピック日本代表として初出場
果たしましたが、残念ながら予選落ちに終わりました。

2017年世界選手権種目別フープで銅メダルを獲得し、
2018年新体操リスボン国際トーナメントでは、個人総合優勝
果たしました。

2017年8月に開催された新体操世界選手権では、42年ぶりの
快挙となる銅メダル(フープ)を獲得しました。

千葉市立真砂第2小学校を卒業後、千葉市立真砂中学校
へ進学。

高校は、大原学園高等学校を卒業されています。

中学卒業と同時に、ロシアへ留学されましたが、日本の高校を
卒業されているんですね!

大原学園高等学校は、東京都千代田区にある通信制課程の
私立高等学校だそうで、卓球の平野美宇選手も卒業されて
いる高校なんです!

そして皆川夏穂さんは、大学へも進学しており、現在(2018年4月)
国士舘大学21世紀アジア学部に在籍中なんですね!

主な成績がこちら

【2013】
・世界選手権キエフ大会出場
【2014】
・全日本新体操クラブ選手権クラブ対抗優勝個人総合優勝
・世界選手権イズミル大会個人総合23位
【2015】
・モスクワインターナショナル国際トーナメント2位
・ワールドカップポルトガル大会個人総合8位
・世界選手権兼ユニバーシアード兼アジア選手権日本代表決定戦3位
個人総合 15位
【2016】
・世界選手権スペイン大会 個人総合 7位
【2017】
・ ワールドゲームズ(ポーランド) フープ 6位 ボール13位 クラブ9位 リボン8位
・世界新体操(イタリア) フープ 3位 4種目合計 5位
【2018】
・リスボン国際トーナメント  種目別、総合ともに1位

引用:wikipedia

 

スッピン画像と私服

今日はほんとにありがとう(о´∀`о) #bestfriends #suprise ☆

Kaho Minagawaさん(@kaho_minagawa0820)がシェアした投稿 –

クレムリンバレエ☆赤の広場 #シェヘラザード #千夜一夜物語

Kaho Minagawaさん(@kaho_minagawa0820)がシェアした投稿 –

https://twitter.com/kaho_mina1997/status/969537835081461760

https://twitter.com/kaho_mina1997/status/947831652650180608

じぶんをあまやかせればさきにはsすめない、ハタチにしてしった心理

Pocket

-スポーツ, 情熱大陸

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日大広報部司会者は無能?米倉久邦 経歴,高校,大学,家族,黒歴史,日大会見で新キャラ登場すぐさま入院で一発退場に納得

【新キャラ登場に全国民興奮す,,,】 宮川選手が2018年5月22日に記者会見をしたのを受け、内田正人前監督と反則を指示された井上奨コーチが23日に緊急会見を行いました。マイクもノイズやハウリングがあ …

大久保嘉人家族(嫁の大久保莉瑛/旧名林田莉瑛)への中傷書き込みに激怒の犯人は「はらくま」何者?

サッカー磐田に所属する大久保嘉人が12日、ツイッターを更新し「人として許せないことが、俺にもある」と激怒した。大久保は妻のツイッターをリツイートしているが、そこへ心無い書き込みがあったことから「これは …

斎藤慧 経歴 大学生は?イケメンスケートはライバル国に嵌められた可能性はあるのか

平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧がドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者の話で明らかになった。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてとな …

後藤武敏 引退試合時系列動画まとめ!奇跡だ,,,感動だ,,,引退セレモニー動画が涙を誘う!松坂大輔/小池正晃/横浜高校同級生3人横浜の地に揃う

DeNAのG後藤武敏内野手(38)が2018年9月22日、引退試合終了後にセレモニーに臨みましたね。この日、横浜に奇跡が起こりました、本日は『後藤武敏 引退試合時系列動画まとめ!奇跡だ,,,感動だ,, …

池谷幸雄 現在の体操倶楽部がヤバい!元嫁との離婚がターニングポイント,,,号泣の真相は

協会のパワハラ問題ニュース でも連日報道され、 バイキングでは体操関係者として出演していた池谷幸雄選手の号泣が現在の体操界のパワハラ問題の根の深さを示しています。選手のみなさんが気持ちよく体操をできる …