エンタメ

矢口真里クローゼット馬乗り不倫が再婚で昇華クローゼット婚に、梅田賢三のインスタは野球三昧、仕事頑張ってる?

投稿日:

Pocket

 

 

 

元「モーニング娘。」でタレントの

(35)が、交際が伝えられていた元モデルの一般男性(30)と今月中にも結婚することが12日、分かった。関係者によると、親族や関係者には「近々結婚する」と報告しており、日取りを見て婚姻届を提出する。

 矢口は1998年に「モー娘」に加入。小柄な体でユニット「ミニモニ。」のリーダーとしても活躍した。抜群のトーク力で中心メンバーの1人としてグループを支えてきたが、09年のハロプロ卒業後、タレントに転身した。2011年に俳優の中村昌也(31)と結婚したが、自身の不倫騒動をきっかけに13年に離婚。無期限休業を経て、14年10月に復帰した。今回の結婚相手は、この時に不倫相手と報じられた男性だ。

 矢口は復帰の際、男性と同棲(どうせい)生活を送っていることを告白。再婚への思いを口にしていた。家族ら周囲は当初、再婚へ向け慎重な姿勢を見せていたが、2人が約4年にわたって順調に交際を続けていることで徐々に応援するムードに変わっていったという。

 現在、矢口はTOKYO MXの情報バラエティー「教えて!アプリ先生」(水曜・深夜1時40分)などのレギュラーのほか、バラエティー番組を中心に活躍中。一方、男性はモデルをやめ、現在は一般企業で働いている。長い冬を経てようやく2人に春が訪れそうだ。

2016年のセブン

「最近、いつも矢口さんと一緒だった梅田さんの姿を見かけなくなったんです。近所では、別れてしまったのかしらと噂していますよ」(近所の住人)

 

3年前、離婚に発展した“ゲス不倫”騒動で世間をにぎわせた矢口真里(33)。復帰後は“不倫”相手だった元モデル・梅田賢三(28)と一緒に暮らし始め、再婚も近いと見られていたのだが――。

 

7月下旬のある日、矢口が自宅から出てきた。だが、やはり矢口は1人。横に梅田の姿はない。彼女がタクシーで向かった先は、渋谷パルコ。矢口は次から次へとブティックを回る。最終的には両手と肩にまで紙袋をぶら下げるほど服を買い込むと、彼女は自宅へと帰って行った。翌日、矢口を直撃した。すると――。

 

――最近、梅田さんと別れたのではと……。

記者が問いかけると、矢口は思わず吹き出したように見えた。

「あはは(笑)。違いますよ~! ちゃんと仲良く幸せに暮らしてます」

キッパリ否定する矢口は、明るい表情だ。

――梅田さんの姿を全然見ないと、ご近所でも噂です。

「あっ!じつは、彼は真面目にサラリーマンをやってるんです。それで、朝早くから家を出ちゃうので……」

 

矢口との不倫が発覚し、所属事務所をクビになった梅田は一時“ヒモ恋人”とまで呼ばれていた。それがいつのまにか“ヒモ生活”を抜け出して、“堅気”のサラリーマンになっていたとは――。

 

――梅田さんも定職に就いたとなると、そろそろご結婚も見えてきたのでは?

「それはまだ、決めてないですけど(笑)」

――でも、かわいい子供がほしいな~とは思わない?

「ええ~、子供ですか?まあ、それはほしいなと思いますよ」

――じゃあ、デキ婚とかもありですか?

「まあ、なくはないんじゃないかな? アハハハハ(笑)。でも、確かに両親にもいろいろ心配かけたとも思ってます。いまも見守ってくれてると思うんで、自然な流れに身を任せたいとは思ってます」

 

矢口と親しいテレビ局関係者がこう明かす。

 

「いま矢口さんは、とにかく前向きで仕事にもやる気満々。精力的に番組出演をこなしています。テレビとウェブでレギュラー番組がありますし、『もっと仕事したい!』と言って、マネージャーが困ってしまうほど。渋谷で大量に服を買ったのも、自分がMCを務めるabemaTVのレギュラー番組用の衣装を買ったそうです」

 

不倫騒動から3年。私生活の充実が、仕事にもいい影響を与えているようだ――。

 

 

容はビートたけしら有名人が教員に扮し、若者らに講義する内容。事務所独立問題で一時芸能界から姿を消しかけた歌手の小林幸子さん。ゴーストライター問題のあった作曲家の新垣隆氏。そして不倫騒動のあったタレントの矢口真里さんらが出演していました。

視聴者からよせられたという意見は「不倫や虚偽を擁護しているように見える」などがあったそうですが、1番の原因は不倫をネタ化した矢口さんが問題だったようです。放送中止を受けてネットでは「不倫をネタ化しても笑えない」など、不倫に対する根強い意見が多い一方、「CMのコンセプトが何も生かされない結果になった」「日本は失敗した人を許さない国というのが証明された」など、今回のコンセプト倒れに日本の闇を感じている人も多くいたようです。

この議論の中心となっているのが、矢口さんの「不倫からの人生再起」でしょう。矢口さんのキャラクターが炎上する要因に絡んでいるとはいえ、なぜこうも不倫の批判は継続的に続いてしまうのでしょうか。筆者はこの“不倫フルボッコ構造”に、日本の潔癖な空気と、まわり回って自分達の首を締めている恐怖心を感じてしまいます。

■矢口真里をまだ叩くのは、不倫が怖い人たち
そもそも矢口さんの行った不倫は悪いことなのか……という話になりそうですが、彼女は不倫後は離婚し1年ほど休業。謝罪会見を開いて復帰をしています。この不倫が罪だろうが悪だろうが、もはや復帰のために行った反省としては完ぺきで「テレビに出る資格がない」と言われても、活動するだけの態度は示して再開しているといえます。ネタにするのが悪いかどうかは本人同士の取り決めがあるわけで、そこを外野が今も言うのはおせっかいというものです。

では、彼女を未だに叩いている人は誰なのかを考えていくと、どうやら既婚女性の声が大きい様子。おそらく夫やパートナーを奪われる恐怖心を抱えた女性が、矢口さんを許せないでいるのかもしれません。あのCMが世の中に認知されると、不倫も反省すれば問題なし!という前例が平成の世に出回ってしまいます。すると第2、第3の不倫反省事例が出てくるかもしれません。そうなると明日は我が身になりかねないため、「道徳心」「生理的な感覚」という武器をかざして、不倫経験者を排除しようとするのかもしれません。

■失敗を叩けば叩くだけ、自分の首を絞めている事に気付けない
でもよく考えると、筆者はこの不倫撲滅の空気はまわり回って自分達の首を絞めている気がしてなりません。不倫やそこからの再起を全く認めないということは、自分が失敗した側に立った場合、人生終了を意味するからです。

想像してみてください。たとえば自分が不倫をしなくとも、自分のきょうだいや親が不倫して社会から抹殺されかけた場合、あなたは矢口さんと同じようにフルボッコにできるでしょうか。自分ごとになったら、「反省して今度は真面目にやりなよ」と失望しつつも、最後は励ましの声をかけるのではないでしょうか。

矢口さんは再起不能にして、自分の身内だと拒否しない理由。そこを答えられないのであれば、その不倫フルボッコの正義感は、きっとあなたの中にある恐怖心から来ているかもしれません。しかしいつ自分の身近な人に起こるかもしれない不倫。怖いのであれば「不倫は悪だ!」と叩き続けるよりも、「不倫は悪いかもしれないけれど、本人次第」という少しの優しさも持ち合わせたいものですね。

「世間の声とかどうでもいい。大切なのは自分の声を聞くってことだろう」

これはCM中の、ビートたけし氏のセリフです。「不倫は悪」という正しそうな世間の声に乗るのではなく、自分の中にある不倫に対する漠然とした嫌悪感の正体を正しく聞くことも、大事なのではないでしょうか。

 

2017年の8月の女性セブンの報道

「結婚したいです!」

 

7月28日放送の『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演した矢口真里(34)。恋人で元モデルの梅田賢三(29)との結婚の意思を聞かれるとこう断言した。4年前、不倫相手だった梅田を自宅に連れ帰り、夫だった中村昌也(31)と鉢合わせて離婚に至った矢口。離婚後は梅田と同棲を始めた。

 

「梅田さんは矢口さんの離婚騒動の責任を取るかたちで事務所を解雇されました。仕事もなく、矢口さんの“ヒモ恋人”と呼ばれた時期もありました」(スポーツ紙記者)

 

だが同棲開始から3年。“永すぎた春”を終わらせるべく、梅田は奮闘していた。

 

8月中旬の平日朝9時すぎ、矢口のマンションから一人の男性が出てきた。半袖の開襟シャツの胸元までボタンを留め、黒髪を短く刈り込んだスラックス姿のサラリーマンだ。

 

本誌記者が声をかけると、「女性自身さんですか。いろいろお世話になっています」と笑顔で会釈をした。この男性こそ梅田賢三なのだ。茶髪で“チャラ”かった面影はもはやない。

 

「今はまじめなサラリーマンですから(笑)。これから会社なんで、駅まで歩きながらでいいですか?」

 

そう前置きした上で、取材に応じてくれた。サラリーマン生活2年目の梅田は以前よりふっくらして見える。

 

――ふっくらしたのは矢口さんの手料理のおかげですか?

 

「そうかもですね(笑)」

 

――矢口さんが結婚を考えていると、仰っていましたが。

 

「ええ、知っています。確かに逆プロポーズですよね。でも彼女がそう思ってくれているんだなって。嬉しいし、僕も男として応えなければいけないなと、思っています」

 

過去の取材で、「以前、矢口の資金で梅田が『バーかスナックを開きたい』と言っていたそうだ」(矢口の知人)という証言もあったが、今は矢口に頼る気持ちは微塵もないようだ。梅田は笑いながら、こう続ける。

 

「ちゃんと(矢口を)食わしていかないといけませんからね。ちゃんと働いて……」

 

――結婚するんですね?

 

「はい、もちろんそうです。でも(時期については)正直まだ、これからですね。今も(矢口と)めちゃくちゃ仲良くしていますよ」

 

駅に着くと、梅田は記者に手を振り構内に入っていった――。

 

「あの騒動で矢口の仕事は激減し、今も騒動前の水準に戻りません。もはや彼女に甘えてばかりではいけないと梅田は決意したようです。しっかりと稼いでいけると自信がついたとき、結婚するのでしょう」(前出・矢口の知人)

 

サラリーマン梅田賢三は愛する矢口と結婚するため、今日も満員電車に揺られている。

 梅田賢三は愛する矢口と結婚するため2018年現在ではどんな仕事をしているのでしょうか?

矢口さんとの不倫で芸能事務所から解雇され、芸能界から追放された梅田賢三さんですが、

冒頭で引用した記事が報じている通り、賢三さんは一般企業に勤務しているとのこと。

現在もサラリーマンとして生活していることになります。

ただ、既に一般人である賢三さんの勤務先については詳細が明かされていません。

しかし、「女性自身」によると、彼はスーツを着て仕事をしているようです。

8月中旬の平日朝9時すぎ、
矢口のマンションから一人の男性が出てきた。

半袖の開襟シャツの胸元までボタンを留め、
黒髪を短く刈り込んだスラックス姿のサラリーマンだ。

本誌記者が声をかけると、

「女性自身さんですか。
いろいろお世話になっています」

と笑顔で会釈をした。

この男性こそ梅田賢三なのだ。

茶髪で“チャラ”かった面影はもはやない。

(中略)

サラリーマン梅田賢三は愛する矢口と結婚するため、
今日も満員電車に揺られている。

(2017年8月25日配信)

同誌が報じている通り、彼はスーツに身を包み、満員電車に揺られる毎日を送っていました。

この内容から察するに、賢三さんの仕事は営業職だと思われます。

ただ、過去には「麻布の飲食店に勤務している」という情報も確認されています。

現在は事務所を解雇となり
芸能活動はしていません。

麻布で一般人として飲食店で働いています。

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2014年11月21日投稿)

クローゼット不倫!梅田賢三が矢口真里に馬乗りになっていた?

冒頭でも触れた通り、賢三さんが芸能界を追放されるきっかけとなったのが矢口さんとの不倫でした。

矢口さんとの不倫が発覚したのは2013年の時。

同年5月に発売された「週刊文春」には、クローゼット不倫の修羅場が克明に掲載されていました。

クローゼット不倫について2013年5月30日に配信された「リアルライブ」は次のように報じています。
(※一部改変)

「週刊女性」でモデルの梅田賢三との浮気が原因で、
夫で俳優の中村昌也と別居していることが報じられた元モーニング娘。でタレントの矢口真里だが、
発売中の「週刊文春」が梅田と中村が鉢合わせした修羅場の様子を報じている。

矢口は2月22日に行われた飲み会で同席した梅田を自宅に“お持ち帰り”し、
翌朝帰宅した中村と鉢合わせし修羅場になったことはすでに報じられているが、
同誌によると、
矢口と梅田は、は〇かのままベッドで寝てしまっていたという。

23日の朝、
帰宅した中村は現場となった寝室で怒りに震え、
矢口はただ呆然。

梅田はとっさにクローゼットに隠れたが、
すぐに見つかりその場で土下座させられたうえ、
証拠の写メも撮影されたという。

(中略)

矢口は以前から中村が地方での仕事で家にいない時は遊んでいたようで、
中村は

「地方から帰ってくる日に限ってベッドカバーが新品になっている」

と不思議がっていたというから、
梅田以外の男性を“お持ち帰り”していた可能性もありそうだ。

今回のクローゼット不倫の様子は各メディアで再現されており、その一例がこちらです。

クローゼット不倫の顛末は上記の通りですが、ネットの一部では「梅田賢三が矢口真里に馬乗りになっていた」という声も存在しています。

しかし、各紙の報道を見ても「馬乗り」報道は確認されていないため、この説は事実と反する内容と思われます。

 

 

Pocket

-エンタメ

執筆者:

関連記事

【画像あり】韓国人気アイドルシウォンさんの家族の犬が隣人を噛む衝撃の事件の経過

スポンサーリンク 犬に噛まれて死亡すると言う衝撃的な事が起きた、それも韓国人気アイドルの家族の飼い犬である、詳しくお伝えしていきます。 目次1 飼い犬の画像2 娘のSNSで立場を明らかにしたチェ・ギホ …

加山雄三所有「光進丸」火災様子の動画はココ!勿論画像もアリ,「独立国家光進丸国家元首加山雄三」有吉にいじり面白かったなぁ~「動画貼ってますよ」

【独立国家光進丸国家元首加山雄三】 加山雄三所有「光進丸」火災様子の動画はココ!勿論画像もアリ,「独立国家光進丸国家元首加山雄三」有吉にいじり面白かったなぁ~「動画貼ってますよ」をテーマに記事にしまし …

左とん平,死去「猪八戒は天竺へ」そっちでは逮捕されんなよ!女のケツばっか追いかけてWヘイ・ユウ・ブルース唄って森光子&森繁久彌と傘寿のお祝いだよ、ご冥福をお祈り申し上げます

波乱万丈の昭和の男がまた一人、逝くってしまいました、淋しいですね、今日は左とん平さんのが「代表咲く」の西遊記、ヘイ・ユウ・ブルース、逮捕されてたことを記事にして森光子さんや森繁久彌さんなどの超絶大物に …

大石まどか 離婚のワケ(理由)はコレか!旦那の八鍬大介との馴れ初めは、義足、水着、国道マニアの演歌歌手とは何者だ

【義足、水着、国道マニアの演歌歌手とは何者だ】 演歌歌手の大石まどか(45)が13日、自身のブログを更新し、会社員の夫と離婚したことを報告のニュースが、しかし、コメントに「誰?」と言うコメントが多数( …

濱田祐太郎 盲目自虐芸人が面白い!吉本同期は誰だ、何故、芸人の道へ理由は、ネタの動画を紐解いていく

今年のR―1決勝(3月6日)の舞台にも、異色の芸人が登場する、その名は濱田祐太郎。 生まれつき全盲に近い弱視という(28)だ。左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度、芸歴5年目の漫談家。自らのハン …

話題の記事!