事件事故から学ぶ

鈴木光彦 犯行動機の理由に同情の余地はあるのか?家族の苦悩は親の苦悩は自閉症の息子を抱える家は他人に分かるものではないのか

投稿日:2018年1月23日 更新日:

Pocket

鈴木光彦容疑者は自閉症のある息子鈴木一光さんを殺害、動機は理由は息子の将来を悲観した、家族、父親の抱える闇は他人にははかれるのものではない、犯行手口は「首を絞めた」この間の時間は鈴木光彦容疑者も息子鈴木一光さんのもどんな感情があったのでしょう。現段階で鈴木光彦容疑者の顔画像やFACEBOOKは公開されていませんので鈴木光彦容疑者の顔画像やFACEBOOK以外の情報でこの事件に同情はあるのかを記事にしていきます。


スポンサーリンク





鈴木光彦容疑者の25年は犯行を思い立たせた理由はなんでしょう、そして同情の余地は

25年前にこのようなことを鈴木光彦容疑者や家族は想像してはいなかったでしょう。

望まれて生まれた命、そしていつ息子鈴木一光さんが自閉症であると知ったのかは詳しくは分かりませんがこの時は「覚悟」して育てることを決意したのではないでしょうか。

しかし、25歳で一光さんは父親にその命の幕を下ろされてしまいました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは葛藤の現れではないでしょうか。

殺したくない、でも殺さないと、ではまだ鈴木光彦容疑者は50歳と若いのにこの年齢で犯行に及んだのでしょうか。

記事には1年前までは一光さんは「施設」にいましたが他の利用者に暴力を振るう理由で自宅に帰ってきていました。

この施設に一光さんが預けられていたのかはわかりませんが家族が施設に預けるのは悪いことではなく、解決法の1つではないでしょうか、自分たちで面倒を見ることが家族ではないかと正論を掲げる人も多数いるのは確かですが果たしてそれだけが解決法ではないのです。

実際に施設から帰ってきてこの事件は起こりました。

介護とは人が想像しているよりも家族の負担は大きいのでしょう。

ここで自閉症はどんな病気か

脳の発達・成熟が障害されることにより、心を通わせることが不自由な、3歳までに発症する神経発達の病気です。子どもの0.1~0.2%にみられます。

自閉症の子は、あたかも自分の世界のなかで生きているかのようにみえ、他人に興味を示すことが少なく、社会性に乏しい傾向があります。また、日常生活の決まりにこだわり、奇妙な行動を繰り返します。コミュニケーションが苦手で、視線を合わすことを避け、他人に愛着を示しません。

症状の現れ方

症状の特徴には、大きく分けて次の3つがあります。(1)社会的な交流に乏しい、(2)他人とうまくコミュニケーションができない、(3)興味の範囲が限られ、同じ行動を繰り返す。

具体的には次のような症状を現します。視線を合わせない、抱かれることを嫌がる、ほかの子どもと遊ばない、耳が聞こえないかのように振る舞う、言葉の発達が遅い、言葉を使って話しかけようとしない、聞いた言葉をそのまま繰り返す(おうむ返し)、手をひらひらさせたり体を揺らしたりする動作を繰り返す、奇妙な遊び方をする、光るものや動くものなど特定のものにこだわる、騒音を嫌がる、日常生活の決まりがあり変化を嫌がる。

自閉症の子どもは、相手の顔の表情や感情を読み取ることが困難です。話し方や口調のニュアンスも伝わりません。集団で動くことは苦手でひとり遊びを好みます。学習に抵抗を示す一方、数学や音楽、芸術、記憶に非凡な才能をみせます。

自閉症は内にこもるだけではなく、人に害をなすこともあるものなんですね、この症状は父親だけではなく、力の弱い母親や長女に向けられていたのならば父親として心配になるのではないでしょうか。

このように言葉にすれば1つ1つは簡単に解決できそうですがこの起こるレベルは人それぞれならば日常の付き合い方は想像を絶すものになっていたのでしょう。

首を絞めている時間はきっと思い出しかこみ上げなかったのではないかと想像してしまえば悲しみが伝わる事件です、ですが殺害が一番の解決策ではないのですが追い込まれた家族の解決策はこれしかなかったのでしょ。


スポンサーリンク





家族にしか分からない辛さを僕たちや社会は今後はどう解決していけばいいのでしょう。

★過去の自閉症の事件の犯行動機を紹介しましす。

・では、何故娘の将来を悲観したのか?

娘の将来を悲観し、無理心中をはかったのか?

公判の被告人尋問で被告人は

「誰に何と言われようと娘をおいていくことは絶対にできなかった」と殺人を肯定しました。

さらに、被告人は死にきれなかったことを悔やみ、死刑と刑罰が下ることを望みました。

 

誰もが知る社会的善悪の範囲内で納まる結果だから。

・自閉症の子どもと無理心中をした母親の遺族を取材する中で怒りをかい、取材ノートを切り刻まれて逃げるように去ったエピソードは同書に詳しいが、その際神戸さんは無理心中をした母子のことを「未来のうちの家族かもしれない」と言っている。金佑さんを懸命に育てた妻の圭子さんも、ある時神戸さんに「発作的に、この子を殺しちゃうかもしれないと思っていた時期はあった」と告白したことがあるそうだ。

この事件は2018年1月23日朝、名古屋市北区で25歳の長男の首を絞めて殺害しようとしたとして、50歳の父親が現行犯逮捕されました。長男は死亡しました。、北区長喜町のです。警察によりますと午前7時半ごろ、「子どもの首を絞めた」と鈴木容疑者から通報があり、駆けつけた警察官が室内で倒れていた長男の一光さん(25)を発見しました。発見当時、一光さんは意識不明の状態でしたが、その後死亡しました。調べに対し鈴木容疑者は「ロープで絞めた」と容疑を認めていて、警察は容疑を殺人に切り替えて経緯を詳しく調べる方針です。

正解なんてないです、同情や理解を示しても家族にしかわからないことはたくさんあることだけはわかります、だからと言って殺害すれば解決ではないでしょうがそこまで追い詰められることはあるのでしょう。

この事件で学ぶべきことは社会の偏見だけではなく、社会の少しでも理解していける僕たちへの教育ではないでしょうか?

知らないことが多く、そして知っているつもりでネガネで見ているのでは、もっと人の不倫などに興味をしめす社会でなく、本当に知るべきことを知っていくことに人が興味を示し、そこにお金があつまり支援でいる僕たちのお金の使いたを変えていける社会性が少しでもこのような悲しい事件を減らしていけるのではないでしょうか。

今日の記事はここまでです、記事はあくまでも僕の1つの見解でしかありません、ですが、事件が起これば起きないようにするにはを考えていきたいので記事を書いていきます。

これからも応援よろしくお願いします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。


スポンサーリンク





Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:

関連記事

田中彰孝 怪我、劇団四季 俳優が大高雅貴に殴られる!顔画像&FACEBOOKで事件を考察だ

劇団四季の俳優田中彰孝が電車内で介抱した男に殴られ、重傷を負たという衝撃的なじけんが東急田園都市線宮崎台-梶が谷間を走行中の車内でおこりました、傷害容疑で川崎市高津区の会社員大高雅貴容疑者が逮捕されま …

井手尾浄太 顔画像不気味 FACEBOOK&素性は!男性巡査長「発砲!」は市民を守る立場として当然の正義の判断だったか!

大阪市都島区東野田町の路上で、大阪府警都島署の男性巡査長(38)が、職務質問した男がナイフを取り出したため、男に向け1発発砲したこの事件は物議をよんでいますね、逮捕されたのは井手尾浄太容疑者です、今日 …

no image

納富優斗君殺害はやはり父親の納富駿太,顔画像は動機は?遺体発見時の嘘が酷どすぎた,,,

福岡・北九州市小倉北区の住宅で、5月、4歳の男の子が死亡した事件で、警察は18日、男の子の父親を殺人の疑いで逮捕した。 殺人の疑いで逮捕されたのは、北九州市小倉北区の納富駿太容疑者(27)。 警察によ …

戸田勝宣は三井物産社員 49歳の大企業エリート社員がナゼこんな事件をおこしたのか?「仕事で預かった分析用サンプルだ」の言葉は日常的に行っていたことの表れか!

【リスクふむことの意味は】 大手総合商社「三井物産」の戸田勝宣被告が、覚醒剤を密輸したとして逮捕・起訴された。今日のテーマは「戸田勝宣は三井物産社員 49歳の大企業エリート社員がナゼこんな事件をおこし …

no image

久保木愛弓 サイコパスとしても別次元でしがないナースさんTwitter投稿で2018年現在の高齢者の延命や尊厳考えた,,,

「他の20人にも消毒液」看護師の久保木容疑者は「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人ぐらいやった」と供述。動機については「自分が勤務のときに亡くなると、家族への説明が面倒だった」などと説明、本 …