事件事故から学ぶ

水戸ご当地アイドル(仮)とはセクハラ被害はうめさん、2期に根本凪「虹のコンキスタドール」がいたメンバーは辞退してるが

投稿日:2018年1月14日 更新日:

Pocket

こんんちは、こんばんはトレンドマンです。

今日、あなたにお伝えしたいことは大きく分けて2点です。

1、「水戸ご当地アイドル(仮)」の元メンバーの女性(18)の名前は「うめ」さん

2、2期に根本凪「虹のコンキスタドール」がいたメンバーは辞退してるがを僕なりにリサーチしたことをあなたにお伝えします、それでは早速参りましょう。


スポンサーリンク




「水戸ご当地アイドル(仮)」の元メンバーの女性(18)の名前は「うめ」さん

セクハラ パワハラ 水戸ご当地アイドル うめ 被害 理由 画像

まずは水戸ご当地アイドル(仮)(みと ごとうち あいどる かっこかり)は、茨城県水戸市を拠点に活動している女性ローカルアイドルグループである。

・キャッチフレーズは「いま!粘れるアイドル!」。

・モットーは「水戸市を元気にすること、そして、水戸市を全国に発信すること」

・グループ自ら「水戸市の元気応援団」を自負

と、納豆をかけたキャッチフレーズですね、水戸市を全国に発信することはこの事件で水戸は全国区になりましたね。

このグールプの歴史は意外に古く2012年なんですよね、これまでに23人が卒業しています、東日本大震災後、市を元気づけようと結成しました。

第1期のメンバー公募には87通の応募があり、中には東京からの応募もあった。

2012年の7月18日に本人・保護者との最終意識調査を行い10名のメンバーを決定して始まりました、2014年水戸市の「みとの魅力宣伝部長」第1号に委嘱、その後は茨城県警から「安全安心アンバサダー」を委嘱されているのですから水戸市も期待しているのでしょうね。

主な活動としてはイメージ・キャンペーンガールなどのモデル業、レポーターなどのタレント業など芸能活動全般を通じて水戸市を盛り上げていることを生業にしています。

プロジェクトのスタート当初はグループ名を公募していた時期もあったみたいですが、現在は(仮)を含めた仮称がそのままグループの正式名称となっています、初めヤフーニュースで見た時は匿名で紹介しているのかと検索してみて、「正式名」やんと驚きました。

(仮)の中の漢字一文字をイベント先や地域にとけ込めるよう変えていく名称変動型アイドルだとしている。(例:物販のタオル→“(綿)”、ご当地アイドルNo.1決定戦決戦仕様→“(覇)”、緑化祭イベント→“(緑)”、高速道路SAイベント→“(道)”など)これは面白いアイデアですよね~何か応援したくなりました(笑)

愛称は

・「水戸ご当地ちゃん」

・「ご当地ちゃん」

・「みとっぽ(水戸っぽ)」ファンには呼ばれている。

しかし、ここで事件です、てもうあなたは知っていますね。

では、この先はあなたの知らない世界であって欲しいですと願いをこめて記事をかかせていただきますね。

元メンバーの女性(18)が、運営責任者の男性から深夜に呼び出され、飲酒させられるなどのパワハラ被害を訴えているんですよ。

「セクハラもあった」とする。男性は事実関係を一部認め、女性に謝罪。

その影響でグループは水戸市などから広報活動の委嘱を受けるが、先月から活動を休止している。

メンバーは五人前後で入れ替わり、大手芸能プロダクションの大会で「ご当地アイドル日本一」に輝いたこともあったのですからこの事件は運営関係者は頭を丸めるだけではすまされないでしょう。

★では、元メンバーの女性(18)は誰だ、誰だ、誰だ!

被害を公表したのは二〇一六年六月から一七年十一月に活動した「うめ」さん。

この事件が発覚したのは自身のツイッターで

「運営責任者からパワハラやセクハラ、飲酒の強要、口約束されていた交通費の未払いがあった」とつぶやいたことです、こちらがそのTwitterの投稿です。

うめさんによると、十七歳だった一六年十一月、早朝のイベントを翌日に控え、市内で宿泊した際、男性から深夜零時ごろにバーに呼び出され、酒も注文された。

「断ったが、ホテルを取ってもらった負い目もあって飲んだ」と話す。

これは17歳のうめさんがいくら可愛いからと言って酔わせてと「ヨコシマ君」に名前を変えていたと疑われても仕方ないですね。→強要した覚えはないと運営側の男は釈明否定する一方、県条例違反の可能性があることや結果的に飲ませた責任を認め、「深く反省している」と。

ここで、その「うめ」さんの顔画像です、

水戸だけで活動させておくにはモッタイないぐらい可愛いです!

うめ

どうやらこの飲酒事件だけではなく、

・イベント後に過呼吸で倒れた際、担いだ男性に胸を触られ、

後日に「柔らかかった」などと言われたという。→運営側の男は胸を触った後の発言に「『柔らかかった』と言ったかどうかは覚えていない」と説明しています。

・「練習場所に、わいせつな本が置かれたことがあった」→「知人の見舞いに持って行く物だった」と運営側の男は言い訳をしています。

これは17歳の純真な心の持ち主には耐えがたい出来事です、夢みて行動していただけにその心の破壊はゴジラに襲わた日本級の衝撃であったはずです。

ですから、「同じような被害を出さない」と言う気持ちと希望した卒業コンサートを開かせてもらえず、我慢の限界を超えたと告白したと告白しています。

★では、何故すぐに告白できなかったのかと言えば

・「ファンへの思いや、県や市を背負っている責任感があった」。

・「円満に卒業するつもりででいた」

・「被害者を増やしてはいけないという思いがあった。今のままでは、市や県の魅力を発信していくのにふさわしくない」

その反面、今回の告白をきっかけにグループの活動がストップし、一部ファンから批判されていることもこの事件の問題で「うめ」さんは被害者ですからね、ここは運営側に問題があるのですからね。

ですが、こんな意見も

このアカウントは本人かは分かりませんがこんなツイートもありました。

2期に根本凪「虹のコンキスタドール」がいたメンバーは辞退してるが

ねぎ2期生には追加メンバー募集による応募で候補生入り。
メンバーへの昇格はしないまま2014年5月1日に辞退
2014年7月、根本凪として「虹のコンキスタドール」に加入

根本凪/Nagi Nemoto

 

 


スポンサーリンク




★過去に在籍したメンバー並びはグループ脱退順。

(WIKI抜粋)

名前 生年月日 血液型 担当カラー 備考
さやぴよ 1期 11月16日 不明 無し 2012年9月、正式デビュー前に脱退。
えりぴょ 1期 1991年10月25日 O型 黄色 初代リーダー。2013年2月28日付で脱退。
ひな 1期 1996年8月4日 A型 初代ダンス部長。2013年3月31日付で卒業。同年4月4日に卒業式。
卒業後も曲の振り付けやフリーペーパーのデザイン・候補生へのダンスレッスンに関わるなど、良好な関係が続いている。
みちゃと 1期 1994年10月14日 AB型 オレンジ 2013年7月31日付で脱退。
ことみ 2期 1998年4月1日 O型 黄色 2013年8月1日付で候補生から昇格したが、同年10月14日付で脱退。
2015年2月現在、アイドルユニット「FES☆TIVE」の「鈴木ことね」として活動中。
あき 2期 1994年4月28日 A型 オレンジ 追加メンバー募集よる応募で2013年8月1日付で候補生から昇格。
同年9月に活動休止し、そのまま復帰せず同年12月31日付で脱退。
えりりん 1期 1996年11月20日 不明
パステルピンク
2014年1月25日付で卒業。
ほなみ 1期 1995年4月20日 A型 水色 ファンと交際していることが発覚し、2014年2月16日付で解雇。
かほっほ 1期 1991年12月16日 A型 2014年3月25日付で卒業。式は同月23日の単独LIVEにて。
卒業後も、ねばキラTVに天の声としてゲスト出演やイベント時にスタッフとして姿を見せる事もある。
ねぎ 2期 1999年3月15日 B型 無し 追加メンバー募集による応募で候補生入り。
メンバーへの昇格はしないまま2014年5月1日に辞退
2014年7月、根本凪として「虹のコンキスタドール」に加入
りーりん 1期 1995年8月20日 不明 2014年10月5日付で卒業。
まりなっぴ 1期 1992年12月24日 A型      緑
→     赤
2014年12月7日付で卒業。
こまり 3期 1998年9月2日 O型 オレンジ 2014年3月23日の単独LIVEにて候補生から昇格。
2015年01月20日付で脱退。
2015年5月現在、女優アイドル「ピカ☆マイ」の研究生「望月ゆず」として活動中。
さゆみん 1期 1992年8月19日 A型
恋ピンク
2015年2月1日付で卒業。
れな 3期 1998年2月28日 AB型
まじかるピンク
2014年2月15日のイベントにて候補生から昇格。
りこ 5期 2000年4月4日 A型 黄色 2015年2月1日の単独LIVEにて候補生から昇格。
まりの 6期 1995年5月10日 A型
爆弾ピンク
2015年2月1日の単独LIVEにて候補生から昇格。
2016年12月18日付で卒業。
だいず 1998年3月22日 2017年2月12日付で脱退。
地下アイドル「THE BANANA MONKEYS」の「モズク・サン」として活動中。
りま 5期 1998年12月23日 A型 癒しの緑 2014年11月3日のイベントにて候補生から昇格。
2017年3月26日付で卒業。
「志城璃磨」と改め女優に転向。
るか 4期 1995年5月14日 O型 爽やかブルー 2014年5月3日のイベントにて候補生から昇格。
2017年5月7日付で卒業。
まりな 1998年12月7日 2017年7月、学業に専念するため脱退。口笛奏者として活動中。
あやや 2000年2月24日 A型 オレンジ 2017年9月3日卒業予定だったが、運営との見解の違いにより8月16日に脱退。
うめ 1999年6月5日 A型 2017年12月16日に卒業予定だったが、11月12日に脱退。
Twitterにて様々な理由があったと発表。
(例:飲酒の強要、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、賃金未払い、脱税の疑い)
海外でも報道。

このグループの歴史をこうメンバーの過去を見てみるとナカナカのハードなグループですね、先に紹介した「あやや」さんの退団理由は探してはみましたがはっきりとはわかりませんでしたが事実としてTwitterを紹介させていただきました。

うめさんのセクハラ事件だけではなく、

メンバーにならなければ「知ることのない」ことがあるのかもしれませんね。

しかし、夢をみて、その夢がまた違う人の夢になるお仕事であることは間違いないので、運営者側の脇の甘さが今回の告発になったのではないでしょうか。

この記事をかいていて「地元」に愛されているグールプであることだけは間違いないので

もう間違った運営をするのではなく、本当に「地元」を盛り上げることのできるアイドルグループとして1日でも早く復活してくれたらいいのですが・・・

この騒動はどこに向かうのでしょうね。

この事件がきっかけで全国区になったのは皮肉ではありますが・・・

これからもあなたの期待に応えるように記事を書いていきますって僕もアイドルみたいな発言でこの記事を締めさせて頂きます、今日もここまで読んでいただいて感謝です!

 What a story!in my Book
What a story!in my Book
http://resuponsu240.com/2018/05/23/monndai-2/
『Have faith in yourseif』
 What a story!in my Book
What a story!in my Book
http://resuponsu240.com/2018/05/23/nitidai/
『Have faith in yourseif』
 What a story!in my Book 
What a story!in my Book
http://resuponsu240.com/2018/05/24/homobi/
『Have faith in yourseif』

 

 

 

 


スポンサーリンク




Pocket

-事件事故から学ぶ

執筆者:

関連記事

no image

鈴木寿貴 顔画像と経歴は!犯行動機と殺意は否定の因果関係は?逃亡と出頭の矛盾を考察

【この事件のひき逃げは殺意ありか?】 職務質問をした警察をひき逃げをしたと鈴木寿貴容疑者が出頭して逮捕された事件は議論を読んでいます、そこで本日は鈴木寿貴容疑者の顔画像や経歴、そして犯行の動機と殺意は …

青木玄徳 逮捕 跡部役なのでテニミュ2ndは廃盤になるのでは?テニミュ2nd氷帝会の帰りの犯行で酔っ払っていた可能性もアリTwitter投稿まとめ

【仮面ライダー俳優のさん逮捕】  青木玄徳 逮捕 跡部役なのでテニミュ2ndは廃盤になるのでは?テニミュ2nd氷帝会の帰りの犯行で酔っ払っていた可能性もアリと言う記事を書きました。 本日も最後までお付 …

石井崇浩 顔画像で「ハレンチ」見てみたい!病院も確定か?医者で見慣れているのに,34歳の「オイタ」の理由はコレだな

【卑劣】 盗撮ですね、今、この記事を盗作しているサイトもあり、著作権のことを調べています、こんなことをされる気分をまさにいま実体験していますのでこの被害者の気持ちがバンバン伝わります!法で裁くことは大 …

栗原義明 ガス等漏出致傷の疑いで逮捕,アホ顔画像は?爆発の具体的な方法や動機は?

【ガクブル】 住宅1棟が全壊して隣の建物や住人にも被害が及んだガス爆発はなんと事故ではんかったのです、ガス等漏出致傷の疑いで7日逮捕されたのは会社員の栗原義明容疑者でした、 スポンサーリンク 目次1 …

no image

岡本顕一郎さんの会社は株式会社スプラウトはホワイトハッカー正義の味方!松本英光ネット弁慶がもたらす弊害とは

    「岡本顕一郎さんの会社は株式会社スプラウトはホワイトハッカー正義の味方!松本英光ネット弁慶がもたらす弊害とは」をテーマに記事にさせていただいた理由はこの事件でこの先ネットへ …

今日の話題の記事