エンタメ

富田望生 痩せていた痩せてるかわいい画像は乃木坂広瀬すすに負けず劣らずらしい高校を卒業後の夢は人生なんて数奇なもの

投稿日:2018年1月2日 更新日:

Pocket

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

今日、あなたにお伝えしたいことは3点です。

1、富田望生と聞いて、「知らない」という人はモグリだな 2、痩せていた痩せてるかわいい画像は乃木坂広瀬すすに負けず劣らずらしい 3、高校を卒業後の夢は人生なんて数奇なものを、あなたにお伝えいたします、それでは早速参りましょう。


スポンサーリンク



富田望生と聞いて、「知らない」という人はモグリだな

人気の理由は、新人らしい、ひたむきな演技。そして身長152センチと小柄ながら、パワフルなボディにある。痩せ型が目立つ若手女優の中で、抜群の存在感を放つ。

生年月日 2000年2月25日

出身 福島県いわき市

身長 152cm

所属事務所 テアトルアカデミー→ジャパン・ミュージックエンタティメント

小学校5年生の3学期に罹災
女優を目指していたことなど全くなかったというから、人生は不思議だ。02年2月、福島県いわき市生まれ。小学校3年生でピアノの虜となり、夢はピアノ教師だった。

尊敬する女優、未来の目標としては、「ソロモンの偽証」で自分の母親役を務めた、池谷のぶえ(46)を挙げる。

映画[編集]

  • ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判(2015年3月7日・4月11日) – 浅井松子 役監督が「松子、食え」
    映画「ソロモンの偽証」のオーディション。現役中学生を大規模に募集し、長期間の選考が行われた。主役の審査は順調に進んだが、浅井松子役の候補者が不足し、追加募集が行われた。小説で「太っている」ことが明記された役だ。
  • モヒカン故郷に帰る(2016年3月26日(広島先行)・4月9日(全国)) – 吹奏楽部 部長 清水さん 役
  • ホーンテッド・キャンパス(2016年7月2日、松竹) – 樹里子 役
  • チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜(2017年3月11日) – 東多恵子 役
  • ポエトリーエンジェル(2017年5月20日、アークエンタテインメント)安岡夏海役
  • あさひなぐ(2017年9月22日)大倉文乃役

デビュー作は、宮部みゆきの話題作『ソロモンの偽証』(新潮文庫)の映画化作品、「前篇・事件/後篇・裁判」(2015年・松竹)。全くの新人ながら、重要な登場人物である浅井松子役に大抜擢された。

これで一気に“シンデレラガール”となる。特に今年17年は「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」(東宝)と「あさひなぐ」(同)と2本の話題作に出演。前者は広瀬すず(19)と共演、後者では西野七瀬(23)を筆頭に6人の乃木坂46に囲まれるというユニークな配役となった。

映画『あさひなぐ』ストーリー

https://twitter.com/LINELIVE_JP/status/943763007812788224

春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭はひとつ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ“なぎなた部”入部を決意!同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉文乃と共に部活動をスタートしたが、“練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの!やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経てひと回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。再び二ツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は…。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。


スポンサーリンク



富田望生が痩せていた頃が可愛い画像は乃木坂広瀬すすに負けず劣らず

家にピアノはない。自分に合う音楽教室も見つからない。「ふわふわとした生活」で、地に足が着かない。そんな中、母親の携帯でネットを閲覧していると、「タレント募集」の広告が目に飛び込んできた。突然、閃いた。

「勝手に応募しました。家に『実技のオーディションに来てください』という書類が送られてきて、母が『これはどういうこと?』と訊いて、『やりたいと思ったから出した』と答えたんです。ピアノの先生が夢だと言っていましたけど、タレントになりたいとは口にしたこともなかった。それでも母は『じゃあ、オーディションを頑張って』と応援してくれたんです」

本気でタレントになりたいわけではなかった。テレビでも映画でも何でもいい、自分の姿が何かに映って、それをいわき市の友達に見てほしかった。

オーディションに合格して事務所に所属することになったが、最初は習い事と大差なかった。週に1度、2時間半のレッスンを受けて終わり。それでも「地に足が着いた」感覚があり、精神的には楽になった。

 

「その頃、ふっくらはしていたと思うんですけど、太ってはいませんでした。でも、当時の事務所の方が『とにかく応募しよう』と進めて頂いたんです」

面談、カメラテストと進み、決め手となったのは成島出監督(56)のワークショップ。「詩を読んでください」と監督に指示された。朗読したが、成島監督は無表情。駄目かと諦めたが、後日、監督から「感動した」と褒められた。

しかし、合格してからが大変だった。監督に「あと20キロ太ってください」と指示されたからだ。

「とにかく食べました。それしかなかったです。撮影中でも様々な食事が用意されていて、監督が役名で『松子、食え』って命令するんです(笑)。親戚が福島でお米屋さんを経営していて、東京でも地元の美味しいお米は食べられていました。母も一生懸命、料理を作ってくれたんです。特に野菜の煮物が大好きですね。そして最後は、お餅と団子が太ることを学びました。特に夜、寝る前に食べると確実に太ります。それでも20キロは無理でした。最終的には15キロのプラスで終わったんです」

無我夢中で役作りに取り組んだ。そして撮影が始まり、完成を迎えた。監督と共に故郷を訪れてPRに励み、いわき市の友達とも一緒に地元の映画館で「ソロモンの偽証」を観た。嬉しかったが、そこに映っていたのは自分であって自分でないような、不思議な女優だった。

演技力と存在感で一気に注目を集め、17年には今の事務所に移籍した。充実した日々だが、悩みは未だに体重だという。何しろ10代だから新陳代謝が活発だ。少しでも気を許すと痩せてしまう。

「16年頃に、少し仕事に恵まれない時期があったんです。『体重を維持するために食べ続けるのは体に悪いかも』と反省して、普通の食生活に戻しました。すると、すぐに7キロから10キロは落ちてしまったんです。新しい役を頂いて慌てて太り直したりして、やっぱり大変ですね。服のサイズは変わりすぎて、もうバラバラです」

当初は「デブだから映画に出られているだけでしょ」といった陰口が耳に入り、ショックを受けたこともあった。だが、撮影現場で経験を重ね、出演本数を増やすうちに、同性のファンが増えた。一方、

 

 

 

高校を卒業後の夢は人生なんて数奇なもの

運命の変転が最初に訪れたのは11年3月。故郷が東日本大震災に襲われたのだ。

「11日は教室の中にいました。本当に怖かったです。家族全員が無事でしたが、仕事中の母とは合流できず、不安でしかたがなかったですね。最初は近所のお宅に避難しました。電気もガスも水道も止まっていて、ロウソクを点けて、余震が来たら消して、また点けて、また消して、を繰り返していました」

母親は当時、ビジネスホテルの支配人。最後の客が離れるまで職場にとどまる必要があった。12日の未明に母親と再会、最終的には母親が勤めるホテルに避難した。

だが、原発事故が追い打ちをかける。政府は15日、福島第一原発から約30キロ圏内の住民に屋内避難を要請。ホテルは35キロ圏内に位置したため、母親は自主避難を決めた。系列のホテルが都内にもあり、母親が異動することになったのだ。しかし本人は反対し続けた。

「東京に行くのは絶対に嫌でした。向かう車の中でも、母に何回も『もう帰ろう、もういいよ』と言い続けていました。友達、自宅、ピアノといった、私の大切なもの、日常生活で触れていたものと、急に離れ離れになることが耐えられなかったんです」

それでも慣れない東京暮らしが始まる。周囲の人々は誰もが優しい。しかし違和感を覚えてしまう。小6の3学期だけいわき市に戻してもらい、故郷で卒業式を迎えた。嬉しかった。だが、中学校は再び都内に。

 

高校についてですが去年の12月に授業が全て終了。

 

高校で芸能人の輩出が多いところは「堀越高校」「日出高校」ですが

富田さんがそこに通われている証拠がないので高校は不明ですね。

ですが、いわき市の友達とは、女優の顔を忘れて遊ぶ。素顔をさらけ出せる相手だ。

何もなければ、今の彼女は痩せていて、音大を目指して猛練習を重ねていたかもしれない。

「タレント募集」の広告を見て応募していなければ痩せたままかも。

人生は数奇である。

“大人の事情”で公開できないが、18年も様々な出演作の企画が進行しているという。来年も売れっ子のようだ。インタビューには落ち着いた口調で――理路整然という言葉が浮かぶほど――しっかりと受け答えをする。だが最後に「祖父母のことを考えて、介護の資格にも興味があるし、色んな職業に興味を持つことが増えました」と笑顔で漏らすなど、10代に相応しい“迷い”の表情ものぞかせた。そう、人生は数奇である、今後、目の離せない女優の一人ではある。


スポンサーリンク



Pocket

-エンタメ

執筆者:

関連記事

水原希子 インスタきわどい画像炎上は一番はやはりコレ,「排便してるのに美しく写れるのはあなただけだよ」〃こんな〃あんな〃目が覚める画像まとめ「さすがにやりすぎおばさんにはわかりません編」

【芸術<炎上,下品<炎上】 モデルや女優として活躍している水原希子さん、と言えばアンニュインな雰囲気が魅力的な女性インスタグラムにきわどいインスタ画像をアップし話題になっています、今日は水原希子 …

黒木麗奈は高校2年三愛水着楽園イメージガール、身長の同じ菜々緒に小学5年から憧れていた!三愛水着楽園イメージガールの歴代がヤバい

【憧れからライバルになれたらいいね】 身長172cm・バスト81cm・ウエスト56cm・ヒップ82cmと、事務所の先輩である菜々緒と同じ身長と抜群のスタイルを持つ黒木麗奈を知っていますか?7代目三愛水 …

森川葵 高橋一生15歳年下おこもり熱愛画像!FLASHよくやった!元ミスセブンティーンとの馴れ初め&,完全防備,合鍵,おこもりは結婚か

【熱愛FLASH】 森川葵と高橋一生が15歳差の熱愛をFLASHが激写してくれましたね、「完全防備」「合鍵」「おこもり」とムムム結婚まで考えてる?今日は元ミスセブンティーンとの馴れ初め&素性や気になる …

夏菜の鼻変わった顔が違う整形疑惑は逮捕級だ,彼氏とキス画像流失で下品,ファンは阿鼻叫喚

【阿鼻叫喚】 いつ見ても綺麗な「夏菜」、ん、でも、こんな顔、だったか?と錯覚してしますことも、錯覚ではありません、現実です、そして、彼氏とのキス画像も流失してファン辞めさせてもらうはという現実、そんな …

石原さとみ 山下智久 結婚はガセ 前田裕二との結婚はあるか!歴代彼氏とはナゼ別れたのか?この恋愛の行方はどうなるか考察

もう、皆様も知っておられるとは思いますが、この度、旅にでて熱愛報道が表沙汰にらりました、石原さとみと前田裕二、ネットでは、「山Pと結婚ではなかったのか」「結婚はガセだったか」と、どうやらそっち関係が気 …