エンタメ

森田和也 岡山理大「歴代最長飛距離」動画あり 野球→現在たこ焼き屋 甲子園→粉モン屋 がんばれ、がんばれ、ドカベン、森田和也

投稿日:2017年12月30日 更新日:

Pocket

“野球の華”といえばいつの時代も本塁打だが、かつて甲子園であの清原和博と並ぶ推定飛距離150メートルの特大弾を放ち、その体格から“瀬戸内のドカベン”と呼ばれた選手がいた。

【ドカベン】の由来

水島新司作、長編野球漫画「ドカベン」の主人公、山田太郎。
そのあだ名の由来は鞄の中にご飯だけを詰めた「ドカッと大きな弁当箱」を食べていたところからそう呼ばれました。ですが、この漫画の連載以降、ぽっちゃり系の強打で強肩の高校球児が甲子園に出場すると、主人公の山田太郎にあやかって「〇〇のドカベン」とつける事が多く見られます。

【元祖ドカベン】香川伸行

【四国のドカベン】今井康剛

【瀬戸内のドカベン】森田和也

【土佐のドカベン】中田亮二

岡山理大付の「4番・捕手」としてチームを全国準Vに導いた男、森田和也は今どこで何をしているのか。追跡してみると“スーパードカベン”と化していたことが明らかになった。

「打った瞬間のことは、あんまりよく覚えていないんです。試合前のアップとか、ベンチの中でのこととか、試合後のバスまでの帰り道とか、しょうもないことばっか覚えてるんですが…。もったいないなあと思いますけど」

兵庫・尼崎の小さなたこ焼き店。店と釣り合わない巨体の男性はそう言って笑った。その男がかつて満員の甲子園球場で特大の本塁打を放った森田和也だと知る人は、今ではほとんどいない。

1999年夏、3回戦の水戸商戦で森田が放った一発はグングン伸び、甲子園のレフトスタンド中段に飛び込んだ。推定飛距離150メートル、翌日の新聞では「歴代最長飛距離」とも伝えられた。

「地方大会からついてた朝日新聞の記者さんがいて、それまで僕が打たなかったもんだから他の地区の担当記者から『お前んとこの4番は全然打たへんなあ』と言われてたそうで。僕が打ったのが相当うれしかったのか、翌朝全紙を買って持ってきてくれたんですよ。毎年、当時のチームメートと集まるんですが、去年、十何年ぶりにその記者さんも来てくれて、昔話に花が咲きました」

当時の森田を知る人間が一様に驚くのが、そのあまりの変貌ぶりだ。現在の体重は196キロ。昨年までは200キロを超えており、市販の体重計では測定不能だったというから、これでも痩せたほうなのだとか。

「高校のときも公称では105キロにしてたんですが、本当は120キロくらいあったんですよ(笑い)。仕事柄お酒を飲む機会が多くて、野球を辞めてからどんどん増えて。高校野球芸人のかみじょうたけしさんですら、最初お会いしたときは僕だと気づきませんでしたから」

ちなみに、甲子園決勝で戦った相手は桐生第一高校で
この時の桐生第一のエースは大会ナンバー1の呼び声があった正田樹投手>で、、、

1-14と大敗してしまいました。。。

正田樹投手って、
スピードが凄い速い投手って感じではなく…技巧派だったイメージがあります。

でも、高校ではスター級の活躍を見せた正田投手ですが
そこまでもの凄い活躍はされていなかった様な気がします。。。

ちなみに、正田樹投手は現在四国の独立リーグで野球を続けられていますよ

高校を卒業した森田は近畿大学の広島・呉キャンパスで野球を続けたが、ほどなくして中退。そこから、夜の世界へ飛び込んでいった。

「本当は大阪の大学に行きたかったんですが、呉になってしまって。そこでは甲子園に出た人が誰もいなかったんですよ。先輩たちからもそういう目で見られて、重圧に耐えられないというか、孤立感を感じてしまって。ちょうどそのころにヒジを手術したのもあって、だんだん練習にも出なくなった。甲子園に出てなかったら、みんなと普通に野球ができたのかなと思うこともありました。それで、今まで全然知らなかった世界に飛び込んでみようと。こんな見た目だから、誰も野球をやってたなんて思わない。それがすごく新鮮だった」

20歳でディスコのバーテンからスタートし、その後も飲食業界を転々とした。高校時代は分校で寮生活だった森田にとっては、女の子と話すのも初めての経験。野球で得た知名度に頼ることなく、独自の人脈を築いていった。野球を辞めたことに後悔はないというが、一方でいつかはもう一度野球に携わることが目標だ。

「周りの友人から言われるんですよ。子供たちに教えてみたらどうだって。そのたびに『できたらやっとるわ! この体じゃ動けへんわ!』って返してます。まずは現役時代の120キロに戻せるよう、知り合いのダンススタジオでダイエットに励んでます(笑い)」

 

甲子園を沸かせた夏から18年。再び“瀬戸内のドカベン”が見られる日は、そう遠くないに違いない。

たこ焼き屋の詳しい場所はわかりませんが「粉モン文化」の関西。

お客さんに愛嬌ある笑顔で小学生に「いじられ」ながら、いい毎日を過ごしているのではないでしょうか。

たこ焼き、食べたくなりましたやん。

 

Pocket

-エンタメ

執筆者:

関連記事

斎藤由紀の子供=娘=長女=小井百音(もね)の画像がテレビ初出演で可愛いいとの噂!美貌は親譲りで性格の強心臓は麻宮サキ譲りか

【家族の絆ってその家族次第である】 2017年9月にW不倫50代医師のパンツ被り、キス写真が公開!と致命傷を受けた斎藤由紀さんでしたが奇跡の逆人気になりました、その理由が16日、日本テレビ系「1周回っ …

ナイナイのお見合い大作戦!奈良の花嫁 逆告白スペシャル川本桃子(ももちゃん)が超可愛い過ぎると話題に!女性参加者の嫉妬がすごすぎる!視聴者ドン引き!Twitter投稿まとめ

https://twitter.com/99omiai/status/985883427407736833 目次1 ナイナイのお見合い大作戦! とは1.1 応募条件2 お見合い大作戦2018 川本桃子 …

夏菜の鼻変わった顔が違う整形疑惑は逮捕級だ,彼氏とキス画像流失で下品,ファンは阿鼻叫喚

【阿鼻叫喚】 いつ見ても綺麗な「夏菜」、ん、でも、こんな顔、だったか?と錯覚してしますことも、錯覚ではありません、現実です、そして、彼氏とのキス画像も流失してファン辞めさせてもらうはという現実、そんな …

no image

大森砂奈 大食い画像モニタリング出演で流失!その光景で嘔吐したいのは春日と永野理由は その支払い金額だ

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。 今日は、【ニンゲン観察1】人気芸能人の後輩が連れてきた女性が突然大食いを始める!銀座の高級すし店でとんでもない金額になったらどうする?予想を超える信じられない …

no image

平井真美子 どんな楽譜を奏でるの?名門ピアノ科大学卒と森山直太朗との馴れ初めはサポートピアニスト,愛に満ち溢れた演奏動画をまずは黙って聞こうじゃねえか~

【祝福の音色で包まれる】 シンガー・ソングライターの森山良子(70)が、長男の森山直太朗(42)とピアニスト兼作曲家の平井真美子氏(41)の結婚に「家族一同とってもうれしく、とっても喜んでおります」と …

話題の記事!