事件事故から学ぶ

柿元泰孝 顔画像は この事件はなんとも言えない不気味さはほの暗い闇に吸い込まれたとでも言うのであろうか

投稿日:2017年12月25日 更新日:

Pocket

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

今日、皆様にお伝えしたいことは3点。

1、事件の詳細 2、柿元泰孝容疑者の顔画像は 3、なんとも言えない不気味さを僕なりに紐解いていきます、それでは早速参りましょう。


スポンサーリンク



事件の詳細、柿元泰孝容疑者の顔画像は

まずはこの不気味な事件の詳細を振り返っていきましょう。

この事件が起こった場所は大阪府寝屋川市の民家、大阪はこう言う不気味な事件が多いです、同じ関西人としてはよろしくないことです。

33歳の女性が亡くなっているのが見つかる事件があり、この女性が両親に長期間監禁されていたとみられることが25日、府警への取材で分かった。

子供を長期監禁って信じられません、ビックリです。

死因は凍死で、府警捜査1課は監禁が死亡につながった可能性もあるとみて、死体遺棄容疑で逮捕した両親から詳しい経緯を聴いている。

死亡したのは同市秦町の柿元愛里さん(33)。23日に父親の会社員泰孝(55)、母親の由加里(53)両容疑者が寝屋川署に死体遺棄容疑で逮捕された。

同課によると、愛里さんは2人の長女で、死因は低栄養などによる凍死と判明。2人は「長女には精神疾患があり、16、7歳から自宅の一室に監禁して療養していた」と供述している。

15年以上、監禁していた事が想像を絶して、言葉がでないぐらいに衝撃を受けています。

目立った外傷はなかったが、体重は19キロしかなく衰弱していたとみられる。室内に2畳ほどのトイレ付きのプレハブ小屋を設け、外から二重扉で施錠。タンクからチューブを伸ばし水分を取らせるなどしていたという。

18日朝、動かなくなっている愛里さんに気付いたが5日間放置し、23日になって同署へ届け出た。

この事件はなんなんでしょう?親の、いや人間のする事ではないです。


スポンサーリンク



なんとも言えない不気味さ

「見えない深い闇を感じます。」餓死ではないでしょうか?

この愛里さんの事を考えたら胸が痛みます。

どんな理由があったにしても、これは、親のやる事ではなく、度が過ぎています。

親として、もっと精神疾患の専門家に相談できる人はいなかったのでしょうか。

監禁にいたるまで、精神疾患の専門家に相談していたのかもしれませんが、15年間の月日は異様としか言いようがありません。

精神疾患とは脳の機能的な障害や器質的な問題によって生じる疾患の総称。遺伝子要因とストレス・身体疾患などの環境要因が複雑に関与して発症すると考えられ、生涯を通じて5人に1人がかかるといわれる。心の病。心の病気。

5人に1人が、かかるのならば絶対、監禁ではない解決法があったはず。

数年はもう、親も疲れてしまていたのでしょう。

「解決の手がかりがない」

命を終わらせて、解放ではない解決法はなかったのでしょうか。

後味の悪い事件です。

家族すべてが、何かに蝕まれていってしまったのでしょう。

追加記事です。

柿元愛里さん監禁事件のまとめと「警察に行かなあかん」の言葉はきっと、絞り出した声だったんだろうな

ニュースソースを元に記事を書いています。

大阪府寝屋川市の自宅で衰弱死した柿元愛里さん(33)の遺体が遺棄された事件で、会社員の父親泰孝容疑者(55)=死体遺棄容疑で逮捕=と母親の由加里容疑者(53)=同=が「次女に相談し、説得されて自首した」と話していることが、捜査関係者への取材でわかった。

府警によると、両容疑者は18日朝、自宅内に造ったプレハブの部屋の中で、監禁していた長女の愛里さんが死亡しているのを発見したが、そのまま遺体を放置した疑いがもたれている。両容疑者は、家を離れて現在は別の場所に住む次女に愛里さんが死亡した状況について説明。「警察に行かなあかん」と説得されたことから、23日に寝屋川署に自首したという。

捜査関係者らによると、一家は1995年、次女を含む4人でこの家に引っ越してきた。愛里さんは地元の小学校に通っていたが、6年の頃に精神疾患の診断を受けた。中学校にはほとんど通っていなかった。両容疑者は府警に対し、愛里さんが暴れるため、16、17歳の頃からプレハブに閉じ込めるようになったと説明。次女はこの後に転居しているという。

府警は27日、両容疑者の自宅の現場検証をした。

長女の小学校時代を知る同級生が、FNNの取材に応じた。

愛里さんは、小学生のころに精神疾患を発症したとされ、2人は調べに対し、「愛里さんが暴れるので、17年ほどプレハブに監禁していた」と話している。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

小学校の時の同級生は学校での愛里さんの様子が印象に残っていました。

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「いつも同じ服を着ていて美容室にたぶん行ってないだろうなという髪型でいつも悲しそうな顔だった」
「体育の授業で体操服なので腕や足の部分がアザっぽくなっていたから、聞いたら犬に噛まれたって言っていて、噛み痕というよりはアザっぽく見えたので。腕と足と10個以上はあったんじゃないかなと思います」
【記者】
「親御さんは(愛里さんが)暴れたり精神疾患だったと?」

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「そんなことは全然なかったです。優しくていい子で言葉遣いもちゃんとしていたし、暴れるようなことは全然(なかった)」

そして6年生の3学期以降、愛里さんと会うことはなくなりました。

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「3学期になってから学校に来なくなって、担任の先生は風邪をひいて一度休んだら学校に来るのが恥ずかしくなったから来れなくなったと言っていた」
2人は、およそ10台の監視カメラでプレハブ内の愛里さんを監視し、状況を把握していたとみられている。

クリックすると新しいウィンドウで開きます
愛里さんは発見当時、19kgしかなく、警察は、保護責任者遺棄致死や監禁致死の容ぎ野に入れて、捜査しています

もの凄く悲しい気持ち

僕たちが小さい頃は「サナトリウム」と言う施設が山の中にあり、親たちからは「行くな」と釘を刺されていた。

昭和は精神疾患をとは言わず、精神病と言い「白い目」で見られていた。

昭和初期なら座敷牢に閉じ込めたりと。

サナトリウムとは結核治療用の施設を指したが、その治癒率が高まった以降は精神疾患や認知症、脳卒中の後遺症など他の病気を含めたものとなっている。

結核治療のため、日当たりや空気など環境の良い高原や海浜に建てられることが多い。

この事件は「昭和の負の遺産」がもたらした悲しい事件ではないか。

両親も妹も「隠す」ではなく、「表す」で家族全員が救わたのではないでしょうか。

施設に預ける金銭的な問題があったのかもしれません。

しかし、「隠す」を選択してしまったのが悲しい結末を呼んでしまった。

昭和ではなく平成でまた、年号も変わる。

病気に世の中は、まだ理解を示してる時代。

このような事件が再び起こらないとは言い切れないが「隠す」ことはもうやめて、

社会全体で「支える方法」を探していかなければ、悲しい事件は後をたたない。

家族全てが病気で不幸になる。

こんな社会ではなく、「支える」社会をどうすれば構築できるか。

考えていかなければならないと警鐘を鳴らした事件ですね。

医療も平等に受けられる時代になっても、やはり精神疾患を患った者を持つ家族の中にはまだまだ世間体を気にする人たちがいるのかもしれない。

虐待問題もそうですが、もっと周囲が助けてあげられるような社会にならなきゃいけない気がします。

段々と暴かれていく闇

大阪府寝屋川市で両親に監禁された33歳の女性が凍死した事件で、警察が現場に到着した際に女性は服を着ていなかったことがわかりました。

寝屋川市の自宅で長女の愛里さん(33)の遺体を放置したとして、父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)が逮捕されました。2人の自首を受けて警察官が現場に到着した際に、愛里さんは毛布の中で裸で死亡していたということです。

2人は愛里さんを16、7年前から2畳ほどの広さのプレハブ小屋に監禁していて、警察は少なくとも最近は服を着せずに生活させていたとみています。プレハブ小屋には暖房がなく、愛里さんが死亡したとみられる12月18日の最低気温は氷点下2.7度でした。

 

愛里さんは1日1食しか与えられず死亡時の体重は約19キロだったということで、警察は監禁致死容疑などでの立件も視野に捜査しています。

この記事以降、こんなネット民の声が増えています。

冬なのに服着てないの?それでも娘は生きれると思っていたのか?
これは殺人ですよね。
凍死っていうよりも餓死にも近いし。
精神的におかしかったのは両親なのでは?

死人に口無しってことですかね。。
同級生の話でも 精神疾患とか無かったみたいだし
これはただの虐待監禁殺人事件だと思う。

精神疾患は親の方。
写真みる限り優しそうな顔してる。
教師が家庭訪問とか、児相が確認するとかできなかったのかなぁ。
ご冥福をお祈りします。

こんな寒い日もずっと一人でいたんだね。
テレビもなく、電気もなかったかもしれないたまに聞こえる車や鳥の声などが唯一、外とつながる音だったのかもしれない。
本当に悲しい。これが人間のすること?親のすること?
この人がずっと耐えていた時間、親たちは美味しいもの食べて暖かい場所でテレビを見て笑っていたんでしょうね。自由に外出していたんでしょうね。少しでも愛があれば施設に預けたでしょうから愛情は全くなかったんでしょうね。
この親にこの人が味わった年数、同じような刑罰を与えて欲しい

異常だよ。この親と次女。次女も粗方のことは知ってただろう。

たとえ子供時代に何も出来なかったとしても今は次女もいい大人なんだから親がしてる事がおかしいって思うのが普通。

それがここまでになって。。。
お姉ちゃん可哀想すぎるし、どんだけ辛かったろう

精神疾患の親からすれば、正常な子どもは精神疾患に見えるのかもしれない。

殺人より酷い仕打ち。狂ってるとしか思えない。

この親がどういう環境で育ったのか?知りたいもんだ。亡くなった娘さんの祖父母にも問題ありかもしれない。

服も与えないって、人としての尊厳がまるっきりない状態
本当にひどい
長い年月をかけて殺されて残酷すぎる事件だと思います。

私、彼女と同じような環境で育ちました。
担任先生や保健室の先生はもちろん、国立大で犯罪心理学を教えていらっしゃった名誉教授から警察官まで。ありとあらゆる大人たちが、その当時に出来たであろう精一杯の「救いの手」を差しのべてくださいました。

ここまでの監禁状態ではありませんが、それでも、親権者が「しつけだ」と言えば、どんな協力があっても、最終的には何もかも許される社会に、絶望を繰り返してきました。

恥ずかしながら、40間近になってやっと、両親の兄姉(私の叔母や叔父)から最大限の協力を得て、自由を得ることができました。

現在、両親や妹との関係は完全に遮断しています。
両親の兄姉(私の叔母や叔父)は両親と絶縁し、私との関係を大切にしてくれています。

同じような人がいたのだと初めて知りました。
他にもいるかもしれません。
私にも出来ることがないか?と胸がざわついて仕方ありません。

憶測でしかわからないけど情報が出るたびに両親に問題があるような気がしてきたね。
長女がもしも正気だったらと考えると涙しか出てこないな。辛いとか通り越してる。

うちの5歳の娘と同じ体重…
小6から20年以上。亡くなられた女性の気持ち考えただけで気がおかしくなりそう。生きたくて最後まで助けを待っていたんでしょうか

ひどすぎる、誰かどうにかできなかったのか。親が精神に異常があったとしてもどうやったらこんな酷いことできるのかわからない、こんなに長い期間。学校もだけどやっぱり児相は昔から機能していなかったのか

寝屋川と言えば…数年前に中1の女の子と男の子が男に殺された事件があったな。そんな時にも同じ市内でこの長女は監禁され続けていたんだよな。なんかそんな事を考えると…全国のどこかで同じように監禁されたり、理不尽な暴力を浴びていたりする事件がまだまだある気がすると思うと、暗澹たる気持ちになってくる。国や自治体は親から子への虐待の問題をもっと本気で対策や対応をしなければいけないと思う。

親の虐待でこの状況になったにしても、市も、亡くなった女性が当時行ってた学校の教師・友人、教育委員会、ご近所、親類、女性の周りの全ての人間が無関心だったからこういうことになったんだろうな。
たった一人でも気に掛ける人がいてくれたら、少なくともこの最悪の状況にはならなかったのかなと思うと悔やまれます。

これだけの人が長文でこの事件と真剣に取り組んでいます。

この事件は常に進展があり次第、記事にしていきます。

大阪府寝屋川市の自宅で凍死した長女の柿元愛里さん(33)の遺体を放置したとして両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、大阪府警は2日、父親の工員、柿元泰孝(55)と母親の由加里(53)の両容疑者を監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕した。監禁は約15年間に及んだとされ、両親は「数年前から裸で生活させていた」などと供述。容疑については否認しているという。

【写真】監禁されていたとみられる建物

逮捕容疑は「精神疾患の愛里さんが暴れる」などの理由で、2002年ごろから自宅内に間仕切りした2畳の部屋に監禁。昨年1月ごろから急激に痩せて衰弱したのに、全裸で生活させて満足な食事を与えず、病院も受診させずに同12月18日ごろ、栄養失調状態で凍死させたとしている。体重は19キロだった。泰孝容疑者は「監禁ではなく、療養だった。急激に痩せたが、衰弱していたかは分からなかった。私たちなりに考えた上で満足する食事を与えていたつもりだ」などと供述。由加里容疑者も「監禁ではない」などと話しているという。

捜査1課によると、一家は1995年ごろ、現在の場所に転居。当初は子供部屋として2畳の部屋を作った。01年に愛里さんは精神疾患と診断されていた。翌年、両容疑者は部屋に簡易トイレや二重扉、監視カメラを設置して監禁を始めたとみられる。

頑張って、お母さんに見てもらいたい――。小学5年の運動会で創作ダンスを披露し、文集にそんな言葉を残していた少女は約20年後、無残な姿で見つかった。大阪府寝屋川市の自宅で柿元愛里さん(33)が衰弱死した事件。府警が2日、両親を監禁と保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕した。

【写真】プレハブの部屋のイメージ

「読書が好きで、休み時間にはよく、図書館で分厚い本を読んでいた」。小学校の同級生だった女性(33)は、記憶の中の愛里さんをこう振り返る。

愛里さんは小学5年だった1995年夏ごろ、大阪府枚方市から隣の寝屋川市の家に両親と妹とともに引っ越し、地区の小学校に転校してきた。女性はそれから6年生まで同じクラス。「可愛い名前ね」と話しかけると、愛里さんは「お父さんがつけてくれた名前なんよ」と教えてくれたという。飼育委員を務め、熱心にウサギの世話をしていた姿をよく覚えている。

小5の頃に書いた文集には、創作ダンスを一生懸命練習し、「お母さん来てないかなあ、見てほしいなあと思って、ダンスをしながら目で探していた」と記していた。小6の3学期から突然、学校に来なくなり、中学に登校する姿も見ていない。「恥ずかしがり屋の普通の女の子だったのに、悲しすぎる。真実を明らかにしてほしい」と願う。

学校が同じだった別の男性は、愛里さんが登校しない理由を教師に尋ねた。だが、「『事情がある』としか返してくれなかった」と話す。


スポンサーリンク



Pocket

-事件事故から学ぶ
-

執筆者:

関連記事

強盗と殺人未遂で14歳逮捕 犯行動機や中学校の名前はTwitter投稿にあるちゅうもんだ,と言うワケで探した結果とその考察

【まずは自分なりに調べた結果報告】 14歳が強盗殺人未遂と言う、これまた刺激的な事件が発生してみまさなも驚愕しているのではないっでしょうか、本日の記事は報道には出ていない14歳の子の情報をTwitte …

no image

浅野真一容疑者 逮捕で顔画像を世にさらす,交際相手を監禁する執着心が振られたことだといつわかる

【顔さらしてまで、、、】 逮捕されたのは浅野真一容疑者、愛知・名古屋市の自宅アパートで、元交際相手の20代の女性を「逃げたら殺すぞ」と脅して、2日間にわたって監禁した容疑です。この執着心が「怖い」こと …

神智慶”柴田和” 三好邑璃さん死体遺棄事件 3人目がいた!47歳で31歳の舎弟パッシリ、素性&関係を考察だ!

【怒髪天】                                                                                                …

小嶋寛人 ひき逃げで彼女や大学やツイッター,FACEBOOKの個人情報が駄々洩れだ「気の毒に,,,」お天道様より怖い防犯カメラってことだなウソ&逃走→駄々洩れ→今後は?

【Twitterから可愛い彼女の顔画像が流出】 小嶋寛人(こじま ひろと)容疑者を逮捕されましたがこのことで個人情報が壊れた蛇口から漏れ出す水の如く、駄々洩れです、本日は小嶋寛人 ひき逃げで彼女や大学 …

大桃珠生ちゃん 殺害の犯人は顔見知りか?線路に人を置くなんて隠蔽ではなく露出,何かのメッセージとでも言うのであろうか!

【人間の行動の枠をこえてやがる】 こんな残酷な事件があっていいのだろうか!非道です、本日は大桃珠生ちゃん 殺害の犯人は顔見知りか?線路に人を置くなんて隠蔽ではなく露出,何かのメッセージとでも言うのであ …

本日よく読まれている話題の記事!