事件事故から学ぶ

富岡茂永富岡長子事件画像の血だまりが逆恨みと妬みの執念を照らす、姉の想いと弟の思いがこの呪われた惨劇を呼んでしまった

投稿日:2017年12月8日 更新日:

Pocket

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

富岡八幡宮で起きた殺傷事件が段々とその全貌を表そうとしています。

姉と弟の骨肉の争いが今回の惨劇になりました、今日は富岡茂永 富岡長子の画像の血だまりが執念を映す、姉の想いや弟の思いに焦点をあてて、この事件をまとめていきます、今日もよろしくお願いします。


スポンサーリンク




姉と弟の執念の現場

この事件を振り返りながら執念の話をしていきます。

7日午後8時25分ごろ、東京都江東区富岡の富岡八幡宮で起きた殺傷事件で、同神社宮司の富岡長子さん(58)は帰宅したところを、待ち伏せしていた弟の元宮司、富岡茂永容疑者(56)に日本刀で襲撃されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

これは富岡茂永容疑者は計画性があり、ここまでのシナリオは完全に思惑どうりであったのでしょう。

富岡さんは首などを刺され死亡。茂永容疑者は事件後、一緒に襲撃に加わった妻とみられる30代くらいの女を殺害し、自殺した。

破滅型で迷惑など考えない、自己中心型です、一緒に襲撃に加わった妻とみられる30代くらいの女を殺害はこの襲撃の時点で決めておいたのでしょうか?

これこそ、地獄のそこまで連れて行くという怨念と言う執念ですね、鬼が棲みついていたのでしょう。

この様子は付近の防犯カメラに茂永容疑者と女が物陰に隠れている姿が映っていた。

2人は神社前の路上で車を降りた富岡さんを日本刀(刃渡り約80センチ)で襲撃。

女は富岡さんの運転手の男性(33)を約100メートル追いかけて切りつけ、右腕などに重傷を負わせた。

茂永容疑者と女は襲撃後、神社の境内にある富岡さん宅の玄関前に移動。

茂永容疑者が女の腹などを刺して殺害し、自身も胸や腹を刺して自殺した。

富岡さんの殺害現場には、刀身が折れた日本刀が遺棄されていた。

茂永容疑者が自殺した現場には、短刀(刃渡り約40センチ)が落ちていた。現場周辺からは他に血だまりの上にサバイバルナイフ2本が見つかった。

茂永容疑者の思い

・2001年5月ごろに金銭問題などで宮司を退任、先代の父が再び宮司に戻った

・2002年1月自殺した富岡茂永容疑者(56)との宮司の職をめぐる争いごとについてに警視庁に富岡長子さんに相談される。

・2006年6月茂永容疑者は富岡さんに宮司の職をめぐるトラブルがあり「積年の恨み」などと書いた手紙を郵送したとして、警視庁に脅迫容疑で逮捕。

・素行が悪くて、離婚を何度もしている。

・女遊びもひどくて、金も賭け事などで湯水のように使って、宮司をかつて解任された。

・最近はどこに住んでいるのかもわからなかった。

・2017年8月ごろに茂永さんから電話があって、長子さんが『外で遊び歩いている』とかデタラメを言ってたけど、地元の人は誰も信じなかった。

金なんかも、かなりルーズだったみたいだし。そういうのが多々重なって解雇。

・長子さんが宮司代務者としてやってきて。2人で会うとかなり怒鳴り合いではないがあったらしい


スポンサーリンク




長子さんの想い


長子さんは弟のことで何かあると、『ごめんなさい』と言って謝ってましたよ。

氏子のために一生懸命仕事をしてたから、つらいです。今回の事件は宮司職についての逆恨みと妬みが原因だと思う。

殺害された富岡さんと、茂永容疑者との間には、宮司の立場をめぐって、長年にわたる骨肉の争いがあった。

中央区議の押田 まり子さんは「長子さん、宮司になってから、きょうだいは仲がよくなかった。相手を誹謗するような怪文書が何回か出回った」

今年8月2日からブログを開設していて、一日も休まず毎日更新していた。

そこには、身辺トラブルを思わせる記述もあった。

先月28日には深川警察署に行ったことを報告。

「何で行ったのかは内緒です」としながらも、「私達にとって、警察は正義です。正義でなくてはならないですよね」と書かれている。

8月26日に「お金で買えないもの」と題した記事では、こんなことも書かれている。

10月8日には社用車にドライブレコーダーを設置したことを報告していた。「車庫に勝手に出入りしたり、私の父親の骨董品を数十点盗みだし、骨董屋さんに売りさばいていた泥棒がいた」からだという。

「自分の両親や妻子を捨て、質の悪い人間に騙され欲望のままに暮らし、質の悪い人間と共に生(き)地獄に落ちた人達は、疑心暗鬼等の鬼の世界に支配され、自分達の不幸を全て他人のせいにして、自分達の行いと向き合おうとせず、抜け出せない生(き)地獄のループに陥る」(カッコ内は補注)

現時点でこれらの内容が今回の事件とどんなつながりがあるかは不明だ。

ただ、長子さんの周囲には危険な兆候があったことはたしかなようだ。

そのほかにも、宮司職という男性優先社会のなかで女性差別に悩む気持ちもつづられていた。

事件発生の約6時間前に投稿された最後の記事のタイトルは「世の中間違ってやいませんか?」だった。そこでは、長子さんが受けたセクハラについて、こう書かれていた。

「先般もある神社の神主が、私を呼び捨てにして、体を触り、手まで握り、腰に手を当てたので、私はハッキリ拒絶して、『いい加減にして下さい。』と言った」

これだけではない。ある披露宴に出かけた後、長子さんが所属する「ある団体」(注:ブログでの記述名)の役員に呼び出され、着用していたワンピースに問題があると指摘され、長子さんの人事に影響したと注意されたと書かれている。

富岡八幡宮は、今年に入って神社本庁から離脱している。その理由は、先代宮司の父親が10年に退任した後、同八幡宮の責任委員会が長子さんを宮司にするよう神社本庁に具申したが、7年にわたって任命されないままだったという。任命しない理由も不明なため、責任委員会が神社本庁が離脱することを決めた。

・2010年ごろに富岡さんが跡を継いでいた先代の宮司が退任した際、富岡さんを宮司にする要望が通らず

・2017年9月に神社本庁から正式に離脱している。

家族のトラブルや女性差別など、世の中の不条理と格闘していた長子さんは、ブログではこんなことも書いていた。

「修業をするためにこの一族に生まれ、何度も死にたいと思う苦しみを乗り越えて、ここを修業の場だと思う事で、人生が舞台に見えて来たのです。今現在の私の人生は幸せでも不幸でもありません。自分の為に生きなくなると、幸せや不幸はあまり感じなくなりますし、価値を感じなくなります。他の人が幸せそうに笑ってくれたり、喜んでくれる事が、自分の幸せになるのです」

富岡八幡宮のホームページなどによると、勧進相撲の発祥地として知られ、境内には歴代横綱のしこ名を刻んだ碑がある。

伝統や格式の裏には人間の醜いものしかなかったのでしょう。

これまで、一人で戦ってきた長子さんのご冥福お祈り申し上げます。

富岡茂永富岡長子事件画像の血だまりが逆恨みと妬みの執念を照らす、姉の想いと弟の思いがこの呪われた惨劇を呼んでしまった


スポンサーリンク




Pocket

-事件事故から学ぶ
-

執筆者:

関連記事

森安由子さん愛媛段ボールで遺体で発見、今治市別宮町「愛媛段ボール」の場所を地図で治安を確認して犯人像をあぶりだす

  愛媛県今治市にある段ボール製造会社で森安由子さんの遺体が発見。今治市別宮町の「愛媛段ボール」の場所を地図で確認して治安から犯人像や犯人逮捕はいつか?を推測していきます。 スポンサーリンク …

野田志帆さんのFACEBOOKでドッグラン勤務の顔画像判明!夫の野田孝史に「保険をかけられていたのは事故のわずか2ヵ月前」そんな事なんて知る由もない幸せそうな笑顔

【最低だ!】 野田孝史容疑者が妻・野田志帆さんに3000万円の保険金をかけていたことが判明!2017年7月に白浜の臨海海水浴場で、野田志帆さんが亡くなった事件で逮捕された夫の野田孝史容疑者が、妻・野田 …

安藤陽彦 加護亜依さんの元夫,加護さんへのDV逮捕の事件そうそう六本木の自宅マンションの、あれも酷かったもんだ

【この男は何者だ】 タレントの加護亜依さんの元夫で、会社役員を名乗る安藤陽彦容疑者(50)ら2人は、 2012年、ディズニーリゾートが保有する施設の会員権を売ると、うその話を持ちかけ、 36歳の男性か …

飯島健司の会社は飯島興産、仕事上のトラブルってナニ?そうだ、飯島興産を紐解こう

スポンサーリンク 【会社はどこだ】 飯島興業社長の飯島健司容疑者と、専務の柴田正和容疑者が、死体損壊・遺棄の疑いで逮捕されました。この事件は社長という人物が起こした事件、どのような会社か?記事にしてい …

no image

手塚翔容疑者と木本亘彦容疑者の顔画像はFACEBOOKは、経歴は、深夜3時気温9度の罰ゲームと言う名の遊びは死亡遊戯と呼ぶしかない

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。 仲良し5人組のノリと言うか悪ふざけだったのかもしれない。 でも、その行動はあまりにも想像力が足りなかった。 罰ゲームと言う名の遊びをしてしまった。 深夜3時気 …

本日よく読まれている話題の記事!