事件事故から学ぶ

植松仁現在に近い40歳のインタビューをメダリスト競輪選手画像が栄光と挫折をモノ言わず物語る

投稿日:

Pocket

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。

1998年の長野五輪ショートトラック男子500メートルの銅メダリストの植松仁容疑者が30日逮捕されました、過去から現在にいたるまで何があったのでしょうか?40歳当時のインタビューの画像はいきいきしています、そんな彼の歴史を今日は紐解いていきます。


スポンサーリンク





事件の詳細

愛知県警は30日、電車内で女性の足に体液をかけた疑いがあるとして、岐阜県羽島市福寿町千代田1丁目の会社員植松仁容疑者(43)を暴行容疑で逮捕し、発表した。植松容疑者は車内で体液を出したことは認めているが、「かけるつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

県警によると、植松容疑者は今年4月14日朝、名鉄金山駅(名古屋市)から知立駅(愛知県知立市)に向かう電車内で女性(21)の右足に体液をかけた疑いがあるという。植松容疑者は、1998年の長野五輪ショートトラック男子500メートルの銅メダリスト。

植松仁の過去の軌道

ショートトラックスピードスケートとして活躍し、長野オリンピックで銅メダルを獲得したことで有名な植松仁容疑者では長野オリンピックまでの彼の軌道を。

1974年6月21日、岐阜県羽島郡岐南町に生まれる。

5歳の頃にショートトラックスピードスケートを始める

高校卒業後は働きながらスケートを続けようとしたが、就職するつもりでいた会社が倒産し、しばらくは無職のまま競技生活を続ける。

別の会社への就職が決まり[3]、1996年全日本選手権総合優勝。1996、1997年世界選手権代表。1998年長野オリンピックでは500mで銅メダルを獲得し(1000mは15位)。

画像

栄光から逮捕される現在まで

しかし長野オリンピック後はスランプに苦しみ、所属していた会社(ベローチェ)の経営状況が悪化[3]したこともあって解雇される。

周囲の支援を受けながら競技生活を続けていた[3]が、将来への展望が見い出せない中、長野オリンピックで銅メダルを獲得した実績などから特別枠で日本競輪学校に入学できることを知り、かねてからプロスポーツ選手を志していた植松は入学を決意する[3]


スポンサーリンク





競輪選手となる

2000年に日本競輪学校に特別枠で入学。

異種目からの特別選抜入試による初の合格者であった。スケート選手の多くは自転車による練習を行っているが、植松にはその経験がなかった。

入学後は自転車への適応に苦しみ、競走訓練での成績は79人中69位に終わった。

植松は、「自分の力はこんなものだったのか」と情けなさを覚えたという。

同校卒業後は日本競輪選手会岐阜支部所属の選手となり、濱口高彰に弟子入りしている。

2001年8月11日に松阪競輪場でデビューを果たし[6]、同月18日には名古屋競輪場で初勝利を挙げている

。しかし競輪に対して不慣れな部分があったためか、デビュー当初から成績が伸び悩んでいた。

2006年6月には上位クラスのS級に昇格し、有力選手とも直接対決するようになったが、S級では苦戦を強いられることが多かった。

植松はデビュー後、ショートトラックでは許されているインからの追い抜きが競輪では禁止されているなど、競輪の駆け引きがショートトラックと似ているようで全く異なることを実感したと振り返っている。

また、オフシーズンのない競輪では、植松がショートトラック時代に行っていたような、一定の期間で筋肉量を増やし基礎体力を蓄積するというトレーニング方法をとることができなかった。

しかしショートトラック時代と違い、生活の心配をせずに練習日打ち込めることはありがたいとも語った。

競輪選手を引退

肝臓疾患によって疲労回復がままならず2007年9月以降から長期欠場。

2008年12月15日の一宮競輪場で復帰するが、2009年10月より再び長期欠場する。

2010年7月19日の大津びわこ競輪場で復帰したものの、同年9月18日の松阪競輪場第10RS級特選2着を最後のレースとしてS級2班格付けのまま引退した。

10月4日選手登録消除。通算510戦116勝。特別競輪への出場はGIIのふるさとダービー1回のみで、GIへの出場は果たせなかった。

落ちたメダリストの結末

「選手の能力は仕事にだって役立てられる」と話す植松仁さん=岐阜県羽島市竹鼻町で

引退選手の就活 ともに汗

スポーツ選手だって会社で活躍できる。長野五輪のスピードスケート・ショートトラックで銅メダルを獲得し、競輪選手としても活躍した植松仁さん(40)=岐阜県羽島市竹鼻町=が、スポーツ選手の就職支援を目指す事業を始めた。「自分と同じように仕事で苦労してほしくない。選手の能力は仕事にだって役立てられる」。現役選手時代と会社員の経験を融合させ、選手の第2の人生を支える。(岐阜報道部・宇佐美尚)

植松さんは5歳でスケートを始め、1998年の長野五輪はショートトラック500メートルで3位。ただ、高校卒業後からスケート引退までに、所属企業が2度も倒産した。2000年に競輪に転向したが、練習のし過ぎで体調を崩して10年後に引退。一般企業に就職を考えたとき、あっせんしてくれる会社の担当者から、経歴を見て言われた。「植松さんはずっと無職の扱いですね」。選手時代の実績は全く評価されなかった。

引退後もコーチや解説者として生活できるのは、トップ選手の中でもごく一部。実業団所属の選手でも、引退と同時に職を失う人は多い。

その後、働いていた自転車店の客の紹介で、なんとか航空機部品会社に職を得た。そこで感じたのは、仕事とスポーツの共通項だ。「五輪を目指すなら4年間の計画を立て、目標に向かって現状把握や原因分析をして解決法を探る。それは仕事も同じ」。だが企業も選手も、スポーツで培った考え方や能力が仕事に生かせると気づいていない。「企業と選手の間の溝を埋めたい」と8月に会社を退職し、新たな事業を始めた。

一般企業の社員向けに、トレーニング計画の経験を生かしたセミナーを開催。同時にスポーツ選手の能力にも目を向けてもらうよう働きかける。選手や競技団体向けの講習では、成績向上のアドバイスとともに、将来の仕事にも意識を向けてもらう。

「自分が苦労したからこそ、スポーツ選手が普通の人と同じように仕事を選べるようになってほしい」。五輪メダリストの新たな挑戦が始まった。
「選手の能力は仕事にだって役立てられる」と話す植松仁さん=岐阜県羽島市竹鼻町で
「選手の能力は仕事にだって役立てられる」と話す植松仁さん=岐阜県羽島市竹鼻町で

その後の植松容疑者は一般の人として生きていくことになったのだが再び世間の脚光を体液をかけた疑いで浴びるのは残念な気持ちになる。

過去を振り返ってみれば生粋の努力人で苦労人であることがよくわかる。

こんな結末で人生に自分で体液をかけてしまったようなものだ。

今日も僕なりにこの事件を紐解いてみました、これからも事件を紐解いていきますのでどうぞ温かい目で見守ってやって下さい。

それではまた、お会いできるような記事を書いていきます。

これからもお付き合いのほどよろしくお願いします。


スポンサーリンク





Pocket

-事件事故から学ぶ
-

執筆者:

関連記事

no image

勝田州彦の犯罪歴と経歴の因果関係や犯行動機は生い立ちにある!筒塩侑子ちゃん犯人とアニメとの因果関係でまたオタクが叩かれるのか?

  【この事件は人間とはなんでやろうだ】 未解決事件が犯人逮捕でながい、闇夜から太陽が見えた遺族さまにとっては逮捕が完結ではないでしょうがまた、新たな日々になることは間違いないのでは。本日は勝田州彦の …

金子達也 検事職は1994年福岡小倉支部を経て、宇都宮地検では「次席検事」を務めるなど、いわゆるエリートコース,この経歴のセクハラって捻りなくおもんなさそーとワテ以外もそう思う人多数いそう,,,

【ワテはセクハラしない、もうそのものだから】 福岡高等検察庁の元刑事部長が、部下の女性にセクハラ発言を繰り返ししていたことが判明なんと、金子達也はネット上では過去の悪評も浮上しているのです。金子達也 …

小西竜真 顔画像流失!高校の偏差値38、タクシー会社はどこ?その時 母親はナニをしていた、あなたに言いたい子供は泣くものです

  スポンサーリンク 【うんざり】 小西竜真 顔画像流失!高校の偏差値38、タクシー会社はどこ?その時 母親はナニをしていた、もう、この手の子供が子供を産んで育てている事件には複雑な気持ちを …

平尾龍磨 最新情報(4/16) 脱走のワケは妹が重症?脱走8日脱獄囚1人VS警察1200人、なぜ見つからない?

【最大の鬼ごっこ・かくれんぼ】 平尾龍磨 最新情報(4/16) 脱走のワケは妹が重症?脱走8日脱獄囚1人VS警察1200人、なぜ見つからない?をテーマに記事にさせていただきました。   本日 …

足立朱美社長の顔画像や経歴や息子,家族を調査!ブログ,FACEBOOK,Twitterで性格も大調査

「弟は追い込まれて自殺したと思う。悩んでいたことに気づいてあげられなかった自分を責めた」 21日、建設会社「大一水道」(大阪府堺市中区深井中町1135-4)を営む代表の足立朱美(あだちあけみ)容疑者( …