エンタメ

落選「松野頼久」美貌の夫人が地元入りを拒絶されていた!美貌の夫人の画像あります

投稿日:2017年11月4日 更新日:

Pocket

(左が鳩山夫人で右が素子夫人)


スポンサーリンク



「松野頼久」美貌の夫人が地元入りを拒絶されていた!の記事です。

美貌の猛妻に足を引っ張られることを怖れたのか。熊本1区で、希望の党から出馬した松野頼久元官房副長官(57)は、素子夫人(54)の地元入りを拒絶。それでも、結局、苦杯を嘗めることになった。他人事ながら、今後の夫婦仲が心配である。

***

 自民党の木原稔財務副大臣との一騎打ち対決であえなく撃沈し、比例復活も叶わなかった。

「選挙期間中、松野さんは楽観主義だから、“いい感じ、いい感じ”と口にしていましたけど、希望の党への逆風は予想以上でした」

とは、地元支援者。

「連合の推薦は取り付けられても、前々回、前回の選挙は、民主党から維新へ移っての出馬でしたから、個々の組合員が松野さんに1票を投じることには抵抗があったみたい。また、共産党が候補者擁立を見送ってくれたので、左派系の有権者に配慮し、小池代表の応援を断りもした。それでも、支持を固められませんでした」

さらに、いつもの選挙戦と違ったのは、素子夫人の姿がなかったことである。

地元紙記者に聞くと、

「これまでは、ミニスカートにハイヒールというホステスのような格好で、選挙スタッフの陣頭指揮に当たったり、後援者まわりをこなしていました。でも、今回の選挙では、素子さんは地元に入らなかった。選挙事務所に姿がなかったため、後援者が松野さんに訊ねると、“来なくていいと言ったから”と答えたそうです」


スポンサーリンク



上から目線

 普段から、素子夫人はばっちりメイクに、ゴージャスなネイルアート。ド派手な格好が好みで、見た目からも、夫を陰で支えるタイプとは言い難い。しかも、本誌(「週刊新潮」10月5日号)の取材に、「夫には“死んでも勝ってこい!”と言って背中を押しました」と援護する姿勢を示していたのに、なぜ、地元入りを拒絶されたのか。

事務所関係者が明かす。

「素子さんは、選挙スタッフからの評判が良くない。いつも、上から目線の命令口調だからです。九州には男性を立てる女性が多く、彼女のような物言いは滅多に聞かれない。素子さんが仕切ると、みな、やる気を失ってしまいます。なので、松野さんに対して、地元の陣営から、“今回は、奥さんを地元に入れないで欲しい”と要請したのです」

しかし、結果的には、素子夫人の助太刀を得なかったために、議員バッジを失うことになったと言えなくもないのである。

投開票日の夜、渋谷区松濤の豪邸に素子夫人を訪ねると、娘と思しき女性が、

「母は、買い物に行っています」

と言ったきりで、その後の応答はなかった。

家業の不動産業も青息吐息と噂され、夫が政治家でなくなっては、ド派手な格好もこれまでか。「週刊新潮」2017年11月2日号 掲載の記事から抜粋

美貌の夫人の画像あります



お前の赤ん坊を、 松野素子 の餌にしてやろうか! https://t.co/z9QFbGxkOp



土用の丑の日にうんちを食べる風習は 松野素子 が考えた宣伝文句からできた https://t.co/zDVH4cUXu3



この世界に 松野素子 のケツ穴ほどトレビアーンなものはない https://t.co/b1us8tF3vb



おちんちんがかゆくて 松野素子 などと叫んでしまいました。 https://t.co/A4pmXMFYsi

パラダイス文章とはを簡単に米不動産に投資日本人計12人「ドラゴンボール」の鳥山明氏の名も金持ちはを金の可愛いがり方を知る

政治繋がりでこちらも是非読んで下さい、パラダイス銀河ではないです。

ローラースケートの話ではありませんのでお気を付けて


スポンサーリンク



Pocket

-エンタメ
-

執筆者:


Warning: Division by zero in /home/resuponsu240/resuponsu240.com/public_html/wp-includes/comment-template.php on line 1382

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

薬丸玲美は薬丸裕英の娘で顔が似てるから残念だと「口がデカすぎて喰われそうで怖い」「しゃべり気持ち悪い」「生理的にキライ、消えて」年頃の女性に失礼じゃねぇか,画像みてやるよ、、、「まぁ、ななんだ、性格や学歴がよければいいんじゃねぇかへへへ」

【おいおい、ぶっつそうじゃねぇか】 とにかくです、今日のテーマは「薬丸玲美は薬丸裕英の娘で顔が似てるから残念だと「黒目が大きい」「しゃべり気持ち悪い」「生理的にキライ、消えて」年頃の女性に失礼じゃねぇ …

no image

大森砂奈 大食い画像モニタリング出演で流失!その光景で嘔吐したいのは春日と永野理由は その支払い金額だ

こんにちは、こんばんはトレンドマンです。 今日は、【ニンゲン観察1】人気芸能人の後輩が連れてきた女性が突然大食いを始める!銀座の高級すし店でとんでもない金額になったらどうする?予想を超える信じられない …

no image

平井真美子 どんな楽譜を奏でるの?名門ピアノ科大学卒と森山直太朗との馴れ初めはサポートピアニスト,愛に満ち溢れた演奏動画をまずは黙って聞こうじゃねえか~

【祝福の音色で包まれる】 シンガー・ソングライターの森山良子(70)が、長男の森山直太朗(42)とピアニスト兼作曲家の平井真美子氏(41)の結婚に「家族一同とってもうれしく、とっても喜んでおります」と …

猪狩ともか 看板事故にフリーライター フジイサナエ不謹慎発言でTwitter大炎上「「車椅子アイドルとしての成功がほぼ約束された」の一部始終

【大炎上】 ライターのフジイサナエ氏はご存知でしょうか?グルメやトラベル系のサイトで執筆活動をしており、温泉好きなライターとして絶大な支持を得ているのですが、今回、インターネット上で物議をかもしている …

no image

脇坂英理子すっぴんブス,実家語りウソ,診療報酬詐欺師の現在は医師免許剥奪ではなく医業停止3年の執行猶予中でイケメン彼氏とお楽しみ中,,,

【それもウソ、これも嘘、きっとうそ】 2018年5月17日放送の『直撃!シンソウ坂上』に、詐欺罪で逮捕された脇坂英理子さんが出演したことでまた大注目が注がれています、この番組で忍が怒る怒る怒るどんな事 …